ヤフーがネット広告枠のオークション取引事業を開始

ヤフーがネット広告枠のオークション取引事業を開始

ネット広告最大手のヤフーは、4月1日からオークション方式の広告枠取引事業を開始すると発表した。
 
 米Yahoo! Inc.傘下のRight Media社が運営する広告枠取引プラットフォーム「Right Media Exchange」を採用し、ヤフーが取扱つアド・ネットワークの広告在庫をオープン化する。当初はヤフー以外のアド・ネットワーク参加媒体のみの広告枠の取引から開始するとしている。

ネット広告の在庫枠を公開市場で取り引きすることで、効率的な広告枠の流通を目指す。
 
 広告枠のオークション取引が本格化すれば、ネット広告媒体ごとの優勝劣敗がより鮮明になりそうだ。
(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT