仕事のできない人は根拠が何かをわかってない

意外と知らないロジカル・シンキングの本質

(出典:『入社1年目から差がつくロジカル・シンキング練習帳』)

また、B:「前職の同僚と行ったことがある」も、さらに具体化できるだろう。

「前職の同僚」を引き合いに出すことで伝えたいのは、「新しい部門での合宿として適切だ」ということ。そのため、さらには「前職は同業種だった」というようなことを添えられれば、聞き手の安心感が増す。

同僚や前の部署についても、人員構成に現在の部署と似た部分があるなどの情報が加われば説得力は大きくなるはずだ。つまり、類似点を訴求することが意味を持つということだ。

「行ったことがある」については、「いつ」行ったかがポイント。すなわち「10年前なのか」「3年前なのか」、どちらがよいかということ。最近のことであるということが示せれば、より強さが増すのだ。

このように「状況の提示」については、対象そのものがどれだけ似ているか(対象の類似性)、時間軸としてどれだけ最近のものなのか(時間の近接性)といった視点で具体化を考えていく必要があるということになります。(13ページより)
(出典:『入社1年目から差がつくロジカル・シンキング練習帳』)

思考を細分化するためには労力が必要とされ、もちろん難しいことでもある。そのため、「なんとなくこんな感じ」というレベルにとどまってしまいがちだ。例えばこのケースで言えば、「具体化できるといいよね」で終わらせてしまうことにもなりかねないということだ。

しかし大切なのは、そこからもう一歩踏み出して具体的に考えること。それが説得力を生み出し、思考力を鍛えることにもなるからだ。だからこそグロービスは、「考えがまとまったレベルからもう一歩、二歩深めて考えるという姿勢を持っておくべき」だと主張している。

“当たり前”だがビジネスの武器に

ここでご紹介したことは、あくまで基本にすぎない。だが、こうして考えてみると、ロジカル・シンキングは決して難しいことではないということがわかるのではないだろうか?

ある意味においては“当たり前の考え方”であるが、しかし、つい怠ってしまいがちなことでもあるのかもしれない。だとすれば、論理的に考える習慣をしっかりと身に付けることができれば、当然ながらそれはビジネスにおける大きな武器となっていくだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT