「桶狭間の戦い」が今も歴史に深く刻まれる意味

「うつけ」が起こした戦国史上最大の大逆転

ところがどっこい、時は戦国。

身分関係なく、おのれの力と才能だけでのし上がれる時代です。
信長のパパ・信秀は、グイグイと勢力を伸ばし、上司たちをしのぐほどの力を手に入れ、

「尾張で一番強ぇーといえば、織田信秀だよ!」

と言われるくらいまでになったんですね。

そんなパパが亡くなり、家督(家のトップ)をついだのが織田信長。

19歳のころだったと言われてます。

信長は子どものころから「うつけ」だった

しかしこの信長くん、子どものころからあることで有名なんです。それは、

うつけ。

現代の言葉で言えば、バカ。

上半身裸で友達の肩に寄りかかり、餅(もち)や瓜(うり)を食べながら町中をうろついたり、お父さんの葬式さえもすっぽかして……と思ってたら、途中からズカズカと入ってきて、お焼香の粉(抹香)をパパの位牌に投げつけたり、と、かなりアグレッシブなバカで

名を馳せておりました。

とにかく、そんな信長ですから、

「大うつけ(=超バカ)だし、まだ全然若いし、ありゃダメだろ」

と、織田家のトップになっても、まわりからはナメられまくり。

しかも、敵からナメられるのはギリわかるんですが、身内まであなどってきたもんだから、ドロ沼状態です。何人かの家臣が

「うつけより、弟さんのほうが織田家のトップにふさわしいだろ!」

と、信長の弟・信勝と一緒に歯向かってきて、てんやわんやのわんやわんや。

『13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。』(幻冬舎)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

中も敵、外も敵、360度テキダラケビューだったんですね。

ただ、フタを開けてみれば信長ヤバかった。

パパと同じ、いや、それ以上の実力を持っていたんです。

信長という新時代のカリスマは、弟もまわりの敵もなぎ倒し、織田家の家臣団もまとめ上げ、なんと、尾張国を〝ほぼほぼ平定〟するまでになったのでした。

これで、やっと胸を張って、

織田信長「オレが、尾張国の戦国大名だぁ!!」

と言えるようになったところへ、全国トップレベルの超スーパー戦国大名、

今川義元

が攻めてきちゃうんです。

終わりました。

(第2回に続く)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT