「桶狭間の戦い」が今も歴史に深く刻まれる意味

「うつけ」が起こした戦国史上最大の大逆転

そう、織田信長のおかげで、その周辺の相関図 がガラッと変わる大逆転バトルだったから、『桶狭間の戦い』は重要とされてるんですね。

さて、この桶狭間さん。僕と同世代以上(2020年時点のアラフォー以上)の方の中には、

「知ってるよ。今川義元が天下統一を目指して京都へ行く途中に、織田信長を倒そうとした戦いでしょ。で、桶狭間っていうくぼんだところで酒盛りしてたら、信長に後ろから奇襲でやられたやつだ」

という、大体のストーリーを知ってる方も多いと思います。学校なんかで習ってて。

でも、この大体のストーリー、大体違います。

「違う」というと言いすぎですが、最近じゃこのストーリーが正しい可能性は低いって言われてるんです、はい。

それじゃ、本当はどんな戦いだったのか?

では、ここから『桶狭間の戦い』のことを、ちょっとだけ詳しくお話ししていきたいと思います。

ですが、結局知っておいてもらいたいのは、さっきの《1560年。まだ……》の中のことだけ。あとは、ゴチャゴチャうるせーなと思いながら読んでいただいてけっこうです。

では、いきます。『桶狭間の戦い』。

舞台となるのは、いまの東海地方。主人公は、とうぜん織田信長です。

戦国時代と聞いて、「わたしダメなのよー。アレルギーなのよー」と苦虫かみつぶしてペッとはく人も、この名前だけは知ってるんじゃないでしょうか。と同時に、

信長は「まだ安定した力を持っていなかった」

「信長ってなんか革命的で、強かったんでしょ?」

というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、それはまだ先の話。

『桶狭間の戦い』が起こる前の信長は、強くありません。

強くないって言うと、少し語弊がありますね。

「まだ安定した力を持っていなかった」

と言ったほうがしっくりくるかも。

織田信長の出身は、尾張国(愛知県西部)。

お家の「織田家」は、尾張国を治めていた大名……じゃあないんです。

信長の実家 ・織田家は、『守護大名』の、家臣の『守護代』の、家臣だったんです。

現代で言えば、「都道府県知事の部下の部下」というのが、信長さん家のポジションだったんですね(あくまでイメージね)。

つまり織田さんは、その地域に〝王国〟を築けるような家柄ではなかったんですよ。

次ページところがどっこい、時は戦国
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT