猫が自分の名前も飼い主の声もわかっている訳

呼びかけてもツンデレだが実は聞き分けている

私たちは日常的に猫に話しかけます。反応はまちまちだと思いますが、時にわかったような顔で、じっとこちらを見てくることもあります。

果たして人の言葉を理解しているのでしょうか?

ここでは猫が「人の話す単語」を理解しているのかを調べた研究をご紹介します。

人の言葉のなかで猫にとって基本的な単語は、やはり「自分の名前」です。

日常の観察から猫が自分の名前を理解しているのかは非常に判断がつきにくいです。飼い主の声だけでもある程度反応してしまうからです。

そこで、先ほどご紹介した上智大学の齋藤先生が行った、「猫が自分の名前をわかっているのか」を実験で調べた研究があります。

まず、猫に向けて、自分の名前と長さやアクセントが似ている一般名詞の音声を4回再生します。

例えば「たま」という猫に実験をするなら、「やま」「かわ」「そら」「さわ」といった言葉を4回聞かせます。

1回目に再生された名詞「やま」に対しては強い反応が出ますが、2回目以降、音に対する馴れが生じて、反応はだんだん弱くなっていきます。最後の「さわ」には、ほとんどの猫が反応しなくなります。

このように反応が低下したところで、5回目の音声として本来の名前「たま」を聞かせたのです。

すると、猫の反応が復活!

猫は一般名詞と自分の名前とを区別していることがわかったのです。

知らない人の音声でやってみると?

そのほかにも同居他個体、つまり一緒に暮らす別の猫の名前でもテストが行われました。その結果、家庭で飼育されている猫は、同居他個体と自分の名前とを区別していることがわかりました。

『猫がゴロゴロよろこぶCDブック』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

特筆すべきは、知らない人の声で同じ実験をしても、ちゃんと区別した反応が見られたことです。猫は人の音声に共通する特徴から、名前を理解しているのです。

猫が人の言葉をどの程度理解しているのかに関する実験は、まだまだ始まったばかり。

この研究の発展バージョンで、「同居他個体の名前と顔を一致させているのか?」や「家族の名前を知っているのか?」という研究も進めています。

今は単語レベルの理解の研究にとどまっていますが、将来的には「意外と多くのことを理解していたんだ!」という事実が明らかになるかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT