日本版のアニメも参考、映画「家なき子」の魅力

「スピルバーグ的視点」で新たな感動ドラマ生む

11月20日より公開予定の映画『家なき子 希望の歌声』。世界的児童文学作品を実写化した作品だ (東洋経済オンライン読者向け「オンライン試写会」への応募はこちら) © 2018 JERICO – TF1 DROITS AUDIOVISUELS – TF1 FILMS PRODUCTION – NEXUSFACTORY - UMEDIA

たとえどんなに過酷な境遇に置かれても、明るい未来を信じて誠実にがんばればきっと幸せがやってくる――。

11月13日(金)に独占オンライン試写会を実施します(上記画像をクリックするとオンライン試写会応募画面にジャンプします)

どんな困難にも負けず進み続ける少年レミの姿が心を打ち、世界中で愛されてきたフランスの児童文学『家なき子』。これまで幾度となく映画化・アニメ化されてきた名作を、現代にも通じる感動のドラマとして実写映画化した作品が『家なき子 希望の歌声』(11月20日より全国公開)である。

メガホンをとったのはフランス人監督のアントワーヌ・ブロシエ。彼は物語における「心の絆」と「信じること、信じ合うことの大切さ」に着目し、作品に深みをもたらすとともに、子ども時代のキラキラした夢やときめきを感じさせる物語を紡ぎ出した。

世界的な児童文学を実写化

主人公は11歳の少年レミ。貧しいながらも、田舎の農村で優しいママと幸せに暮らしていたレミの運命は、長い間パリへ出稼ぎに出ていた父・バルブランの帰宅により急変する。バルブランはレミに「お前は10年前にパリで、高級な産着にくるまれ捨てられていた赤ん坊だ」と告げ、旅回りの老芸人ヴィタリスに売り飛ばしてしまう。

次ページ日本のアニメ版に高い評価
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT