トヨタの歪んだ釈明、巨大リコールの真因--規模拡大と品質は両立していた

トヨタの歪んだ釈明、巨大リコールの真因--規模拡大と品質は両立していた

「率直に言って、過去数年の成長スピードは速すぎた」。2月25日、米国議会の公聴会で、豊田章男トヨタ社長はこう言い切った。「安全性や品質を重んじるトヨタ経営の優先順位が崩れていた」。

出席に先駆けて、米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙に「基本に立ち返る」と題した手記も寄せた。

規模の拡大が品質低下を招いたという見解は事実なのか。

週刊東洋経済は、国土交通省と米国高速道路交通安全局に提出された過去5年以上にわたるリコール事例を検証した。その結果は、豊田社長の発言とはまったく異なるものだった。トヨタ車の不具合はここ最近、激減しているのだ。

「熊本事件」の後リコール台数は減少

2004年8月、熊本県内でトヨタ製ハイラックスがかかわる重軽傷事故が発生し、10月にトヨタは同車種の約33万台をリコールした。ハンドル操作を車軸に伝える部品が強度不足で折損し、クルマをコントロールできなくなるおそれがあった。

この年はトヨタの大型リコールが相次いだ。米国ではハイランダーがドアの不具合により37万台、国内でもウィッシュなど12車種計54万台が制動灯などの不具合により対象となった。日米リコール台数は約304万台となり、北米・日本を合わせた生産台数の6割相当に上った。

トヨタの品質が過去最も“弛緩”したのがこの頃だったかもしれない。翌05年にはカローラなど16車種の前照灯スイッチなどに不具合が見つかり、127万台という過去最大規模のリコールを届け出た。さらに米国でサスペンション関連77万台、シートベルト関連35万台をリコールしたため、年間リコール台数は両国で315万件とさらに拡大した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT