テクノロジーの進歩が問う「生きること」の意味

京大前総長が考える「遊動民」という生き方

新しい世界で、お互いに違うアイデアを認め合っていくようになれば、年齢というものも関係なくなっていくでしょう。

例えば、京都大学にノーベル賞受賞者が多いのは、師弟関係がほとんどないからだと僕は考えています。学生は、教員を「先生」とは呼びません。

お互いが同等で、研究に邁進している同僚だと思っていますから、妙にへりくだったりはしないのです。教授だから偉いわけではなく、新しいことを考えた人だから偉いという世界でもあるわけです。現場には、そういう切磋琢磨がなくてはなりません。

ここが、いまの日本の政治には足りませんね。なにしろ、忖度ばかり。それでは新しいことは生み出せません。そもそも、定年制度があるのは日本ぐらいです。テニュア(欧米の大学において、条件を満たした教員に与えられる終身在職権)になれば、死ぬまで仕事をしていますよ。ある年齢で、一律に定年を迎えるなんてありえないことです。

『ライフスパン』の面白いところは、シンクレア氏と若い学生、若い研究者とのやりとりがふんだんに描かれていて、その中で次々と発見が起きることです。それをシンクレア氏自身が素直に書いているのがいいですね。

不老不死が「夢物語」でなくなる世界へ

本書を読むと、「そんなに長生きしたいとは思わないよ」という意見はどうしても出るでしょう。実際、老化をテーマに議論をして、「デザイナー・ベビーや遺伝子治療が始まった。次は、不老不死が実現するのではないでしょうか」と発言すると、「いや、そういうことは絶対にありません」という否定論が、医療関係者、哲学者、社会学者からも出ます。

もっと長生きできるという可能性が出てきたとしても、そんなに生きたいとは思わないはずだ、人間はむしろ死を選ぶものだという観念ですね。そこには複雑な事情もあるでしょう。例えば、健康寿命なら長生きしてもいいけれど、病院で管につながれて延命するだけなら生きていたくない。単に寿命が延びると言っても、一長一短ありますからね。ただの夢物語として不老不死を語っているうえでは、どんなことでも言えるとも思います。

ただ、そういう可能性があるということを、現実のものとして定義できるかどうかで、インパクトが違います。どうやら実現できるかもしれないということが見えてくれば、いま否定している人々も、ガラリと意見が変わるかもしれません。

もちろん『ライフスパン』も、まだまだ研究が必要だろうと感じる部分はあります。ただ、それでも、実績を残してきた医科学者が「老化は病気だ」「情報理論で解決できるはずだ」ということを言い切った。そこが、この本が時代を画しているところです。

本当に多種多様な問題を突き付けている1冊です。ぜひ、いろんな分野の人に読んでもらって、意見を聞きたいところです。

(構成:泉美木蘭)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT