「着実にお金が増える人」は"投資の発想"が違う

ポイントは「長期×短期」の組み合わせだった

私は銘柄を選ぶ際、世界の人口動態に注目しています。人口の増減はモノの消費を左右するからです。

国際連合広報センターは、2019年7月2日付のプレスリリースで「世界人口は現在の77億人から2050年の97億人へと、今後30年で20億人の増加となる見込み」とレポートしました。この人口予測によると、インドが2027年には中国を抜いて世界で1番人口が多い国になり、また世界全体で高齢化が進むとしています。

私はこの人口動態から、インドを中心にアジアに市場を広げ、業績を伸長しているユニ・チャーム(8113)に注目しました。

ユニ・チャームは紙おむつ、介護用品などの衛生用品の大手メーカーです。衛生用品は生活必需品といってもよく、人口が増えれば消費も増加し、少なくとも2050年までは需要が減るとは考えにくいのです。すると、同社の業績も安定的と予測できます。

月足チャートを見ると、右肩上がりに伸長しているのがわかります。

◎ユニ・チャームの月足チャート

次にけいくんにバトンタッチをして、短期トレードで着目する点、さらには同じユニ・チャームのチャートを例に売買ポイントを解説してもらいましょう。

目指すはコツコツと利益8%を積み重ねていくトレード

皆さん、こんにちは、山下勁です。ボクは個人で株式トレードをしています。

ボクのトレードは短期です。だいたい1週間か、2週間ぐらいで決済します。そして、トレードの対象は東証1部上場銘柄で、時価総額3000億円から5000億円以上の中・大型株、日々の出来高が200万株以上の企業です。

さて、ボクのトレードでは一攫千金は狙いません。8%ほどの利益をコツコツと重ねていくトレードです。ですから、時価総額が大きく、安定的に上下を繰り返す銘柄をターゲットにしているのです。

◎株価はだいたい8%で上下する
次ページトレード9回目には資産倍増がかなう!
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT