カインズ突き放す「DCM・島忠」連合誕生の衝撃

ホームセンター業界でなぜM&Aが続くのか

島忠はホームセンター向けのPB強化には慎重姿勢だった。「家具は自社開発のものが多い」(同社幹部)と語るように、高単価な家具が利益を下支えしてきたことが大きい。家具こそが競合他社とは一線を画す、島忠の強みだった。

しかし、コロナ禍でそうした強みが失われつつある。ホームセンター各社がコロナ特需に沸いた4~5月、島忠だけは既存店売上高が減少に転じた。とくに足を引っ張ったのが家具業態で、3~4月の繁忙期に需要が落ち込み、緊急事態宣言中の店舗は休業に追い込まれた。

6月からプラスに転じたが、9月は再び既存店売上高が落ち込んでいる。「(好業績は)コロナによる一時的な上昇。これを超えるには、これまで抱えてきた課題を解決しなければならない」(島忠の岡野恭明社長)。

DCMから島忠に買収を持ち掛け

島忠は現状打破を狙い、2020年8月期からPB開発をスタートさせた。岡野社長は会見で「粗利率改善に向けてPB開発を掲げてきたが、スピードを上げるためには、DCMHDのPB商品を導入できることは大きなメリット」と自前路線からの決別を事実上宣言した。

「対等の精神で経営統合する」と語った島忠の岡野恭明社長(左)とDCMHDの石黒靖規社長(右)(記者撮影)

ホームセンター業界では「買収話は大手から順に持ち掛けられる」(大手ホームセンター幹部)。当然、DCMHDにも話が舞い込んだはずだが、日本中をコロナ禍が覆った5月末、「DCM側から島忠に買収の協議をもちかけた」(同社の石黒社長)。

両社の経営統合により、これから再編が一段と加速する可能性がある。DCMHDは、持分法適用会社で関東地盤のケーヨーとPB商品を含む仕入れを共通化しており、現在20%の出資比率を引き上げる可能性もささやかれてきたが、「システム統合の問題などもあり時間がかかる」(石黒社長)と言葉を濁している。

ホームセンター業界は地域色が強い業態ということもあり、大手チェーンから地場企業まで多くがひしめき合う状況が続いてきた。しかし、店舗が過剰な状態で各社の競争が激しくなれば、上位9社がシェア6割超を握る構図が加速し、さらなる淘汰・再編は避けられないだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT