カインズ突き放す「DCM・島忠」連合誕生の衝撃

ホームセンター業界でなぜM&Aが続くのか

ホームセンター業界では近年、M&Aが相次いでいる。同3位のコーナン商事は2019年にプロ用建材資材卸の建デポをLIXILから約240億円で買収し、2020年2月には関東地盤のホームセンターのドイトをドン・キホーテ親会社のパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスから約68億円で事業買収している。

そして、6月には業界11位のアークランドサカモトが、同6位のLIXILビバを約1100億円で買収すると発表した。

買収の狙いの1つは、他店と差別化しやすいプライベートブランド(PB)の強化だ。アークランドサカモトは買収のメリットとして「LIXILビバとのPB商品の共通化」を掲げる。各社が開発するPB商品は日用雑貨から資材、園芸用品、ペット用品、作業着など多岐にわたり、在庫リスクを回避するためにも店舗網拡大は必要不可欠となる。

島忠は自前出店を続けてきたが…

DCMHDもPB商品の拡大を進めてきた。売上高に占めるPB比率は21.4%(2020年2月末時点)で、全店舗に導入することでスケールメリットを享受すると同時に、安売りを回避して粗利率の改善に努めてきた。同社は地域ごとに出店ブランドを変えているが、グループ共通仕入れにより一部を除いて取扱商品はほぼ統一されている。

DCMHDではPB商品の開発を強化、全店でPB商品を展開している(DCMHD提供)

一方、買収される側の島忠はこれまで、ホームセンター界に吹き荒れるM&Aの嵐からは一線を置き、自前出店を続けてきた。現在、関東地盤に60店舗を展開し、祖業である家具店とホームセンターの2業態を運営している。

ただ、近年はニトリなど家具専業の台頭が響き、ホームセンターの新規出店ペースも好立地の確保が難しくなっている。新しい業態として雑貨や家具の小型店を開発し、ショッピングセンター内などにテナント出店するなど、店舗の拡大策を模索してきた。

次ページ島忠の強み・家具がコロナで一転
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT