米FRBの出口戦略、利上げはまだ遠く


 ギリシャの財政危機、中国の預金準備率の連続引き上げ、米FRB(連邦準備制度理事会)の公定歩合引き上げ示唆など、相次ぐ“悪材料”に、株式市場や為替市場が揺さぶられている。

本格的な利上げの条件は整わない

10日、FRBのバーナンキ議長は、米下院金融サービス委員会で議会証言を行うはずだったが、ワシントンを襲った豪雪のため延期となった。だが、発表予定原稿はFRBのホームページで公開された。

その中で示されたのが「FRBの出口戦略」。まず、金融市場の改善を受けて、ドルの流動性危機に対応するために導入したプログラムを終了しつつあると説明した(下図)。

そして「通常の公定歩合貸し出しの条件も正常化するプロセスにある」とし、「貸し出しが保証されている最長期間を90日から28日に短縮したが、さらに縮めることを検討」し、「公定歩合とFFレート(銀行間短期金利)の誘導目標のスプレッド(利回り格差)を若干拡大させることを検討する見通し」と述べている。つまり公定歩合の引き上げだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。