山口達也への強烈すぎる批判が本質ではない訳

個人擁護の必要はないが要所が抜け落ちている

全紙一律ではなかったですが、主要スポーツ紙が1面トップで報じました(東洋経済オンライン編集部撮影)

「元TOKIOの山口達也さんが酒気帯び運転で現行犯逮捕」という報道が大きな波紋を呼んでいます。

9月22日夕方から23日にかけてテレビの情報番組やワイドショーも、ネットのニュースサイトもトップ扱いで詳報。さらに、これを見た人々がネット上にさまざまな声を書き込んでいます。

なかでも気がかりなのは、山口さんに対する批判が必要以上に強烈なこと。「絶対にやらかすと思っていた」「芸能界どころか社会復帰も無理」「病院から出たらダメな人」「復帰してほしくないからちょうどよかった」「更生の余地などない」「坊主頭だから本当に犯罪者に見えた」などの厳しすぎる言葉が飛び交っているのです。

「飲酒によるトラブルが初めてではないこと」「アルコールはやめられなかったとしても運転はやめられたはずであること」を踏まえると、山口さん個人を擁護する必要性はないでしょう。しかし、これほどの強烈な批判は、声を挙げている人にとっても得策ではない理由と背景があるのです。

「アルコール依存症」と決めつける情報

まずこれほどの強烈な批判につながっている背景を挙げていきましょう。

前述したように多くのメディアがトップニュース扱いで、山口さんの追突事故と逮捕の様子を報じています。「午前9時30分ごろ、バイクを運転中に信号待ちをしていた車に追突。友人宅へ向かう予定だった」などの状況説明は問題ありません。

しかし、各局の情報番組やワイドショーは、「基準値の5倍となるアルコール分を検出」「二日酔いで酒が残っていた状態とは考えにくい(運転の直前まで飲んでいた)」などとセンセーショナルに打ち出し、重度のアルコール依存症と印象づけるような情報をたたみかけるように挙げていったのです。

山口さんのバイクが蛇行してセンターラインをはみ出す様子などをとらえたドライブレコーダーの映像。
「ビールなら中ビン4本、日本酒なら4合に相当する酒量」であることを図解説明。
事故現場での聞き込みによる「(事故後は)歩道をふさぐように、足を投げ出して座り込んでいた。ヘルメットを取らず、かぶり続けていた」などの異常性を感じさせる証言。
アルコール依存症の専門家や交通事故鑑定人による分析と、「飲酒運転の常習性も考えられる」などのコメント。
警察官に取り囲まれてうなだれた様子で、練馬署から警視庁本部に移送される映像。
約2年半前の謝罪会見を映し、「今は飲まないと決めています」というコメントを抽出。さらに、「『今は』という言い方に甘えが出ていた」という後付けによる推察。
次ページ「飲酒運転の危険性を示し、抑制につなげること」が重要
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT