山口達也への強烈すぎる批判が本質ではない訳

個人擁護の必要はないが要所が抜け落ちている

被害者感情を無視して過去をほじくり返し、仲間のコメントを引用して人々の悪意を増幅したあげく、「今、山口容疑者は何を思うのだろうか」と締めくくるワイドショーもありました。これでは人々の懲罰感情を爆発させるだけであり、アルコール依存症や飲酒運転の抑制にはつながりません。やはり、そうした社会問題のプライオリティーは低いのです。

今回の山口さんに関する報道だけでなく、「日ごろからメディアに懲罰感情をあおられている」という現実を理解できたのではないでしょうか。

本質からズレた批判に被害者が苦しむ

では、なぜ「強烈な批判は、声を挙げている人にとっても得策ではない」のでしょうか。

メディアの報道と人々の批判を見ていて最も危惧したのは、「現在アルコール依存と戦っている人々に悪影響を及ぼしかねないこと」「飲酒運転事故の被害者に悲しみや怒りが再来しかねないこと」の2点。本質からズレた報道と批判が過熱するほど、当事者たちを苦しめることにつながってしまうのです。

もともとアルコール依存や飲酒運転が減らない社会は、自分にとってのリスクにもつながるもの。さらに言えば、「もし自分が何らかの依存症になったり、事件や事故に巻き込まれたりしたとき、批判にさらされるより助けが得られる社会であったほうがいい」という考えに及ばないのかと感じます。

現在、飛び交っている山口さんへの批判は、野球にたとえるとツーアウトでチェンジどころかゲームセット、サッカーにたとえるとイエローカード2枚で退場どころか永久出場停止。批判の声が増えるほど、たとえそれが正論であっても、「懲罰をベースにした失敗の許されない窮屈な社会に自分を押し込める」ことにつながってしまうのです。

次ページ「罪を憎まず人を憎む」という偏った状態になっていないか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT