山口達也への強烈すぎる批判が本質ではない訳

個人擁護の必要はないが要所が抜け落ちている

被害者感情を無視して過去をほじくり返し、仲間のコメントを引用して人々の悪意を増幅したあげく、「今、山口容疑者は何を思うのだろうか」と締めくくるワイドショーもありました。これでは人々の懲罰感情を爆発させるだけであり、アルコール依存症や飲酒運転の抑制にはつながりません。やはり、そうした社会問題のプライオリティーは低いのです。

今回の山口さんに関する報道だけでなく、「日ごろからメディアに懲罰感情をあおられている」という現実を理解できたのではないでしょうか。

本質からズレた批判に被害者が苦しむ

では、なぜ「強烈な批判は、声を挙げている人にとっても得策ではない」のでしょうか。

メディアの報道と人々の批判を見ていて最も危惧したのは、「現在アルコール依存と戦っている人々に悪影響を及ぼしかねないこと」「飲酒運転事故の被害者に悲しみや怒りが再来しかねないこと」の2点。本質からズレた報道と批判が過熱するほど、当事者たちを苦しめることにつながってしまうのです。

もともとアルコール依存や飲酒運転が減らない社会は、自分にとってのリスクにもつながるもの。さらに言えば、「もし自分が何らかの依存症になったり、事件や事故に巻き込まれたりしたとき、批判にさらされるより助けが得られる社会であったほうがいい」という考えに及ばないのかと感じます。

現在、飛び交っている山口さんへの批判は、野球にたとえるとツーアウトでチェンジどころかゲームセット、サッカーにたとえるとイエローカード2枚で退場どころか永久出場停止。批判の声が増えるほど、たとえそれが正論であっても、「懲罰をベースにした失敗の許されない窮屈な社会に自分を押し込める」ことにつながってしまうのです。

次ページ「罪を憎まず人を憎む」という偏った状態になっていないか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT