中国に帰る「神戸のパンダ」25年の劇的な半生

飼育員は赤ちゃんを失ったタンタンを支えた

タンタンの「伴侶」のコウコウ(興興)が2010年に死んで、王子動物園のパンダがタンタン1頭になると、中国側と協議して、雄の補充を目指すことになった。

その準備のため、王子動物園では日本人飼育員を、四川省にある中国大熊猫保護研究中心(中国ジャイアントパンダ保護研究センター)の雅安碧峰峡(があんへきほうきょう)基地で研修させるようになった。 この基地は筆者も行ったことがあるが、山の中で、観客は少なく、20mほどありそうな高い木に子パンダたちが登っていた。

数十頭~100頭ほどのパンダを飼育するこうした基地は四川省に複数あるが、雅安の基地は、世界中から研修者を受け入れている。梅元さんは2011年3月の3週間を皮切りに計3回雅安へ行き、延べ約60日間研修した。吉田さんは2012年3月に10日間、2014年7~8月に12日間、研修を受けた。基地から車で40分ほどの場所にあるホテルから通ったが、授業を受けたり、出産の手伝いをしたりといったことはなく、ほとんど見学だった。それでも貴重な経験だ。

獣医師の谷口祥介さんも2014年7~8月に12日間、2015年3月に12日間、雅安で研修を受けた。通常、春はパンダの発情期、夏は出産期だ。「夏はパンダの破水から出産まで見学。春は自然交配とその後の人工授精も見学できた」(谷口さん)。

雌が発情のピークに達して交尾できるのは、1年間で3日間ほどしかない。この限られた期間に複数の雄と雌のペアで交尾を試みる。交尾できなければ相手を変える。交尾の翌日、妊娠の確率を高めるために人工授精をすることもある。

中国で学んだ経験が活きてくる

コウコウの死の翌2011年、神戸市は中国側と新たに雄のパンダを借りることで合意した。だが、雄は来なかった。日中関係の悪化が原因という見方もあるが、因果関係は不明だ。

繁殖方法を学んでも実践できなかった一方で、雅安で学んだハズバンダリートレーニング(動物の健康診断や治療を安全に行えるようにするトレーニング)の方法は役に立った。

王子動物園では、タンタンの来園時からトレーニングしていたが、梅元さんらが雅安で研修した2011年からより強化するようになった。飼育員さんだけのときは、口の中の検査、検温、目の消毒などを実施。獣医師さんがいるときは、これらに採血やレントゲン検査の練習、聴診、血圧測定、超音波検査などが加わる。口の中の検査や血圧測定や超音波検査は、タンタンの加齢に伴い追加した。

次ページ泥んこのタンタンに水をかけたら逃走
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT