中国に帰る「神戸のパンダ」25年の劇的な半生

飼育員は赤ちゃんを失ったタンタンを支えた

死因は、母乳を飲めなかったことによる衰弱だ。赤ちゃんパンダの死因に多いものの、人の手でタンタンから搾乳して、赤ちゃんに吸わせることができていれば、助かった可能性もある。ただ、それには豊富な経験と技術が必要だ。しかも当時使っていたケージは、すき間から手を入れて搾乳できる構造ではなかった。猛獣であるパンダと同じ空間に入る必要があり、日本人には非常に難しい。

実は、赤ちゃんパンダの出産と育児には、パンダのふるさと、中国からの飼育員の手助けを受けることが多い。東京の上野動物園で2017年にシャンシャン(香香)が生まれたときも、和歌山県のアドベンチャーワールドで2018年に彩浜(さいひん)が生まれたときも、中国人スタッフが大きな助けになった。

だが、タンタンが出産したとき、中国人スタッフはいなかったのだ。同年5月に発生した四川大地震の対応に追われ、来日できなかった。スタッフの派遣元であり、タンタンの生まれ故郷でもある四川省の臥龍(がりゅう)は震源に近く、大きな被害を受けていた。

死んだ赤ちゃんの代わりにニンジンを抱っこ

赤ちゃんの死後、タンタンはニンジンを抱っこするようになった。しばらく抱いて、食べずにペロペロとなめているので、ニンジンは生温かくなる。「ニンジンを赤ちゃんだと思っているのだろう。この子からしたら、死んだなんて理解できんから」(梅元さん)。ニンジンだけでなく、外に出て小石を抱くこともある。筆者が今年9月15日に見たときは、細くて短い竹を抱きしめていた。

こうした育児用の行動、つまり偽育児をするパンダは珍しい。タンタンは偽育児を毎年するわけではなく、基本的に発情した年に偽妊娠と偽育児をする。今年は偽育児を7月下旬から少しずつ始めた。9月に入り抱く時間が増え、多い日は、合計で6時間ほど抱いたこともある。偽育児の間、タンタンはあまり動かない。寝室から出なくて、非公開になったこともある。

王子動物園はコロナ対策で入場を制限しており、タンタンの観覧は予約による抽選制で1人当たり1日1回、2~3分だけ。その貴重な時間にモニター越しに観覧することになった人もわずかにいた。なお、9月28日からは、平日なら予約せずに観覧できる。

次ページ四川省でパンダの研修
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT