医師が推薦!お腹が凹む「スーパーフード」5選

「簡単」「安い」「お手軽」食材は、こんなにある!

最後のスーパーフードは、ダイエット中でも食べられる「スープカレー」です。

【5】糖質もカロリーも低い「スープカレー」

ダイエット中もカレーが食べたいときがありますよね。しかし、多くのカレールーには糖質や脂質がたっぷり。これをご飯にかけて食べたら、糖質もカロリーも大変なことになります。

そこで私がおすすめするのが「スープカレー」です。

北海道発祥のスープカレーは、とろみの少ないサラサラのスープに大きめの具材が入っているのが特徴です。ルーに小麦粉が多く使われていないから、糖質もカロリーも低めです。最近はスープカレーも種類豊富なレトルトタイプが出ています。

このスープカレーに、「もち麦」を入れれば、ご飯はなくても大満足。食物繊維が豊富な「おからパウダー」をトッピングしても、ボリューム感がアップします。

コンビニの「サラダチキン」を入れても、おいしくいただけます。ただし、市販のスープカレーのすべてが、糖質が低いというわけではないので、買うときは表示をよく見て選んでください。

お腹が凹めば、「見た目」も若返り「気持ち」も前向きに

「ダイエットのために食べるものは、いろいろと準備が必要」と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。ここで紹介した「スーパーフード」は、身近にあって簡単に手に入り、しかも安価で買えるものばかりです。

このお手軽な「スーパーフード」をうまく活用すれば、「コロナ太り」を解消することができます。内臓脂肪を減らし、お腹が凹めば、「見た目」も若返り、「気持ち」も前向きになります

ぜひ「スーパーフード」で内臓脂肪を落とし、「健康な体と心」を一気に手に入れてください。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT