医師が推薦!お腹が凹む「スーパーフード」5選

「簡単」「安い」「お手軽」食材は、こんなにある!

お腹が凹む5つの「スーパーフード」について解説します(写真:PanKR/PIXTA)
内科、循環器科の専門医として、数多くの患者と日々接している医学博士の池谷敏郎氏。血管、心臓などの循環器系のエキスパートとして『モーニングショー』(テレビ朝日)、『深層NEWS』(BS日テレ)などテレビにも多数出演しているが、過去15キロ以上の減量に成功し、58歳でも体脂肪率10.6%を誇ることはあまり知られていない。
その減量メソッドを全公開した著書『50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える内臓脂肪を落とす最強メソッド』が『中居正広の金曜日のスマイルたちへ 』(TBS系列、9月11日放送)でも紹介され、13万部のベストセラーになっている池谷氏が、『「コロナ太り」解消!5つの「スーパーフード」』について解説する。

「コロナ太り」解消の「スーパーフード」

暑さのピークは過ぎたようで、秋らしい気候を感じられるようになりました。暑さに負けて、なかなか体を動かすことができなかった人も「コロナ太り解消」を行動に移しはじめているのではないでしょうか。

『50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える内臓脂肪を落とす最強メソッド』は13万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

しかし、急に無理な運動を始めたり、食べる量を減らしたりすることは、かえって体に負担をかけてしまいます。「食べたくても食べられない」と我慢の日が続くと、ストレスになってしまい、その反動で「ドカ食い」になって逆に体重を増やしてしまいかねません。

「食べる量」を減らすのではなく、食べるものをいくつか「スーパーフード」に置き換えてみましょう「スーパーフード」は、体重を落とすために強力なアシストをしてくれます。私もこの「スーパーフード」を毎日のように食べています。

では、その「スーパーフード」とは、どのようなものでしょうか。ここでは、とくにおすすめする5つを紹介します。

次ページ1つ目は「お茶」?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT