上司が得意げに言う「主体性を持て」のワナ

ああ、それも思考停止ワードです!

「見つけたら、自分でやったほうがいいですよね」

吉岡「私の知っている人では、金融関係に長年勤めていて、海外送金手数料が15%とかすごく高いことに気づいた人がいる。彼は、途中で辞めて、自分で海外送金の会社を興したんだ。送金料を格安にすると、貧しい移民労働者が母国への送金に使ったりできる。ちりも積もれば山となるで、多額のおカネが手元に残り、それを貸し付けて利益を出す」

「すごくよく考えられたシステムですね」

吉岡「これだって、送金料を何%にすれば採算が取れるか、顧客に貧しい移民労働者が見込めるかもしれないとか、かなり経験を積まないと気づかないだろう? 会社の業務をこなしながらも、そういうことをつねにウォッチしているんだね」

「会社に取り込まれないで、自分なりの考えを持つ。ホント主体性ですね」

吉岡「もちろん独立しないで、そういう送金システムを自分の会社で実現したっていいんだよ。利益が十分に出るなら、会社だって受け入れてくれる。利益が上がるなら、会社だって利用価値が大きいし、仕事の規模も大きくなる。そういう意味で、主体性や独立性は別に反会社的じゃないけど、会社のシステムとは別に仕事を作れるという能力は大切だし、創造的だと思うな」

「ウオーッ、何だかやる気が出てきました」

吉岡「ホントに新しい世代なら、新しい仕事を作り出せるはずだよ」

 

そもそも資本主義は、個人の独立性が基にあって発展してきた経済システムです。斜に構えて会社のシステムを見るだけでなく、その持っているダイナミズムを生かすために、会社には完全に取り込まれないで、自己の判断を貫く。それは、当面の会社でうまくできなくても、次の局面や展開に役立つはずです。その志を持ち続けることが「主体性」なのです。

これまで3回にわたって、職場のありがちなマジック・ワードを取り上げてきました。マジック・ワードに翻弄されず、主体性を持つためには、慌てずにその分析から始めねばなりません。そんな作業を続けているうちに、自分を取り巻く状況が見え、それを突破する新しい解決のアイデアが出てくる。マジック・ワードをきちんと考えることは、世の中のからくりに意識的になって、自分の立ち位置を明確にすることにつながります。ぜひ、頭の片隅に置いてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT