コロナ感染より「隔離・制裁」を怖がる人が多い

日本に蔓延する「奇妙な恐怖心」のほうが心配

新型コロナウィルス感染症対策において隔離が徹底されている理由は、「無症状者からも感染させることがある」という従来からの知見にあると推測されます。ところが、これについては最近、「無症状者からの感染は非常に稀である」という研究結果が、Annals of Internal Medicineという権威ある学会誌に発表され注目を集めています。(原文:Contact Settings and Risk for Transmission in 3410 Close Contacts of Patients With COVID-19 in Guangzhou, China

この研究は中国広州での新型コロナウィルス初感染者391人とその濃厚接触者3410人を2020年1月6日から3月6日まで追跡した大規模な調査結果を論文にまとめたものです。

結果は「3410人の濃厚接触者のうち、127人(3.7%)が2次感染し、初感染患者の重症度が増すにつれて2次感染率は高くなった。無症状患者からは0.3%、軽症患者からは3.3%、中等症患者からは5.6%、重症患者からは6.2%の感染率であった」というものでした。

「検査して隔離」は海外でも常識ではない

この論文の著者たちは、「新型コロナ患者からの2次感染は比較的少ないことがわかった」「より重い症状を持つ新型コロナ患者が高い感染力を有している一方、無症状者からの感染力は非常に限定的であることがわかった。これは2月にWHOが出した(同様の)レポート結果に合致している」と結論づけています。

この研究結果は、今までの無症状者からの感染を警戒し、厳重に隔離対象としていた国々の対策に大きな一石を投じるものです。

またPCR検査の鋭敏すぎる感度による偽陽性率の高さも問題になっています。PCR検査で見つかった陽性者のうち実際に感染力があるのはわずか10%程度です。アメリカ疾病対策センター(CDC)でも、さまざまな議論があったようですが、現状で無症状者については「6フィート(約183センチメートル)以内の距離で少なくとも15分以上の濃厚接触者」にしか検査を推奨していません(Considerations for who should get tested)。日本の一部メディアでは「アメリカでは検査して隔離が常識」と誰でも検査を受けているように書いていますが、事実ではありません。

次ページスウェーデンでは無症状者は一切検査せず
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT