「ミシュランの星だらけ」の街で私が叫んだワケ 世界屈指の「美食の街」を歩いてみたら…

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小
ハラユキさんがその街の中心で思わず叫んだ理由とは?

新型コロナウイルスの影響で、自由に旅することが難しくなって早数カ月。「遠くに行きたい」「できれば海外に行きたい」との思いを募らせている人も少なくないでしょう。

『オラ!スペイン旅ごはん 』(コミックエッセイの森)
(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)
東京・高円寺でスペインを楽しむ&食べつくす発売記念イベント開催中です

もうしばらくは辛抱のときが続きますが、いずれやって来る「その日」に備え、じっくりと情報収集し、気持ちを高めていくのも楽しいものです。

たとえばスペイン。東洋経済オンラインで大人気の連載「つかれない家族」を執筆するイラストレーターのハラユキさんは、2017年6月からの2年間、スペイン・バルセロナに住んでいました。

「食いしんぼう」を自認するハラユキさんが現地で2年間、全力で体験してきた「最高の食」とは?

新刊『オラ!スペイン旅ごはん』より3回にわたり抜粋してご紹介します。「ネギ」について取り上げた1回目、「タコ」についての2回目に続くこの3回目では、世界屈指の美食の街・サンセバスチャンという街について取り上げます。ハラユキさんが、サンセバの街の中心で思わず叫んだワケとは?

この記事の漫画を読む(11ページ)
ハラユキ イラストレーター、コミックエッセイスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

はらゆき / Harayuki

雑誌、書籍、広告、Webなどの媒体で執筆しつつ、コミックエッセイの著書も出版。2017年から約2年間バルセロナに住んだことをきっかけに、海外取材もスタートさせる。著書に『女子が踊れば!』 (幻冬舎)、『王子と赤ちゃん』(講談社)、『オラ!スペイン旅ごはん』(イースト・プレス)、この連載を書籍化した『ほしいのはつかれない家族』(講談社)など。この連載のオンライン・コミュニティ「バル・ハラユキ」も主宰し「つかれない家族をつくる方法」を日々探求、発信中。ハラユキさんのHPはこちら

 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT