魚介大好き人間が「世界一のタコ」に唸った日

富山とスペインのどっちが上だ?!

うまい魚介世界一は日本、それともスペインでしょうか?

新型コロナウイルスの影響で、自由に旅することが難しくなって早数カ月。「遠くに行きたい」「できれば海外に行きたい」との思いを募らせている人も少なくないでしょう。

『オラ!スペイン旅ごはん 』(コミックエッセイの森)
(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)
東京・高円寺でスペインを楽しむ&食べつくす発売記念イベント開催中です

もうしばらくは辛抱のときが続きますが、いずれやって来る「その日」に備え、じっくりと情報収集し、気持ちを高めていくのも楽しいものです。

たとえばスペイン。東洋経済オンラインで大人気の連載「つかれない家族」を執筆するイラストレーターのハラユキさんは、2017年6月からの2年間、スペイン・バルセロナに住んでいました。

「食いしんぼう」を自認するハラユキさんが現地で2年間、全力で体験してきた「最高の食」とは?

新刊『オラ!スペイン旅ごはん』より4回にわたり抜粋してご紹介します。ネギについて取り上げた前回に続く2回目の今回は、世界一美味しいといって過言でない「タコ」についてです。

魚介ナンバーワンはどこだ?

次ページ富山とどっちが上なのか?!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT