本場で見た「バスクチーズケーキ」その意外な姿

スペイン屈指の「美食の街」で見つけた!

日本でも人気のバスクチーズケーキ、本場で見た本当の姿は…?

新型コロナウイルスの影響で、自由に旅することが難しくなって早数カ月。「遠くに行きたい」「できれば海外に行きたい」との思いを募らせている人も少なくないでしょう。

『オラ!スペイン旅ごはん 』(コミックエッセイの森)
(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)
東京・高円寺でスペインを楽しむ&食べつくす発売記念イベント開催中です

もうしばらくは辛抱のときが続きますが、いずれやって来る「その日」に備え、じっくりと情報収集し、気持ちを高めていくのも楽しいものです。

たとえばスペイン。東洋経済オンラインで大人気の連載「つかれない家族」を執筆するイラストレーターのハラユキさんは、2017年6月からの2年間、スペイン・バルセロナに住んでいました。

「食いしんぼう」を自認するハラユキさんが現地で2年間、全力で体験してきた「最高の食」とは?

新刊『オラ!スペイン旅ごはん』より4回にわたり抜粋してご紹介します。前回に続き今回も世界屈指の美食の街、スペイン・サンセバスチャンのお話です。日本でも大人気の「バスクチーズケーキ」、その現地で見た本当の姿とは?

100以上の「美食倶楽部」?!

次ページ街全体の料理レベルが上がった秘訣は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT