最新「CSR総合ランキング」トップ700

ドコモが初のトップ、2位は富士、3位日産

 400位台では401位ディー・エヌ・エー(396.8点)と421位グリー(392.0点)が激突。いずれも財務面での評価は高いが、業態的に環境得点が伸びにくい。ただ、可能な範囲で活動を行うことで得点評価を高める余地は十分にある。財務評価による「新・企業力ランキング」で常に上位にある2社には、さらにCSR分野の飛躍を期待したい。

なお、501位以降700位までのランキングはこちら(クリックすると、小さな画面が現れるので、再度クリック)を参照いただきたい。次ページ以降では、業種別トップも見ていこう。

次ページ各業種のトップ企業は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT