最新「CSR総合ランキング」トップ700

ドコモが初のトップ、2位は富士、3位日産

100位台前半では、住友ゴム工業やキッコーマンや、カシオ計算機などの国際的企業が顔を並べるほか、100位台後半では大手百貨店など、流通の有力どころが激しく争う。178位の丸井グループ(469.3点)は、前回百貨店トップの髙島屋(180位、468.1点)を上回った。人材活用は髙島屋に譲ったものの、企業統治+社会性や財務でしのいだ。191位には三越伊勢丹ホールディングス(465.9点)、200位にはJ.フロント リテイリング(462.9点)と、このゾーンには大手百貨店がひしめく結果となった。

次ページ一挙に100位ランクダウンしたあの企業
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT