最新「CSR総合ランキング」トップ700

ドコモが初のトップ、2位は富士、3位日産

100位台前半では、住友ゴム工業やキッコーマンや、カシオ計算機などの国際的企業が顔を並べるほか、100位台後半では大手百貨店など、流通の有力どころが激しく争う。178位の丸井グループ(469.3点)は、前回百貨店トップの髙島屋(180位、468.1点)を上回った。人材活用は髙島屋に譲ったものの、企業統治+社会性や財務でしのいだ。191位には三越伊勢丹ホールディングス(465.9点)、200位にはJ.フロント リテイリング(462.9点)と、このゾーンには大手百貨店がひしめく結果となった。

次ページ一挙に100位ランクダウンしたあの企業
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT