最新「CSR総合ランキング」トップ700

ドコモが初のトップ、2位は富士、3位日産

昨年トップのトヨタは5位に、家電各社は凋落

4位はキヤノン(556.5点)。人材活用81位(85.5点)、環境18位(95.7点)、企業統治+社会性57位(92.8点)と一定レベルのCSR得点に、財務3位(282.5点)の高い財務得点が加わり、上位入りとなった。

5位は昨年トップのトヨタ自動車(554.9点)。人材活用17位(92.1点)、環境1位(100.0点)、企業統治+社会性30位(94.8点)、財務19位(268.0点)。1位の環境をはじめ全体的に高い評価ながら、ここ数年続いた財務力の低下が影響し、ランクダウンとなった。だが前2014年3月期は過去最高の決算を発表しており、巻き返しが期待される。

以下、6位ブリヂストン(553.7点)、7位JT(552.1点)、8位富士ゼロックス(550.2点)、9位アイシン精機(549.0点)、10位東芝(547.1点)と続く。上位10社にアイシン精機が初めて入り、日産、トヨタとあわせて自動車業界の存在感の高まりを示した。

一方で10位以内の常連だったソニーは12位(前回4位)に、昨年も順位を下げたとはいえ15位にとどまっていたシャープは、今年147位まで急落した。46位のパナソニックも含め、かつて上位を独占していた家電メーカー各社が順位を落としている。

51~100位では、ダイハツ工業(507.3点)が258位から74位に急上昇。軽自動車のスズキ(502.3点)も148位から86位とトップ100入りとなった。化粧品のファンケル(500.2点)も238位から94位と大きく飛躍。さらに上位を狙える注目企業といえそうだ。

次ページ百貨店戦争となった100位台
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT