中国の「フル5G」ネットワークが9月に商用化

超高速通信、超低遅延、多数同時接続を実現

中国では「フル5G」ネットワークの構築が急ピッチで進んでいる。写真は基地局の設置工事を行う通信機器大手ファーウェイの作業員(同社ウェブサイトより)

「中国初のスタンドアローン構成の5G(第5世代移動通信)ネットワークが2020年9月から商用サービスを開始する」。中国信息通信研究院(訳注:中国工業情報化省直属の情報通信技術の研究機関)の副院長を務める王志勤氏は、8月17日、広東省深圳市での記者会見でそう明らかにした。

王氏によれば、中国では2020年6月末時点ですでに41万基の5G基地局が稼働しており、年初からの1年間で50万基を追加して全国の主要都市をカバーする計画だ。この記者会見に同席した深圳市長の陳如桂氏は、深圳にはすでに市内全域をカバーする4万6000基の5G基地局が配置され、その密度は世界一だと胸を張った。

5Gのネットワーク構成にはノンスタンドアローン(NSA)とスタンドアローン(SA)の2種類がある。NSAは4Gのコアネットワークに5G基地局を組み合わせる構成で、既存の4Gのインフラを流用できるメリットがある。一方、SAは5G専用に開発されたコアネットワークに5G基地局を組み合わせる「フル5G」と呼べる構成で、本来の性能を制約なく発揮できる。

工作機械のリアルタイム遠隔制御などが可能に

中国では2019年6月、工業情報化省が3大通信事業者の中国移動(チャイナ・モバイル)、中国電信(チャイナ・テレコム)、中国聯合通信(チャイナ・ユニコム)および新規参入の中国広播電視網路(チャイナ・ブロードキャスティング・ネットワーク)の4社に対して5Gのライセンスを発給。同年11月から商用サービスが始まった。

しかし当時はSAの規格がまだ成熟しておらず、通信事業者はNSAでネットワークを構築した。NSAは4Gのコアネットワークに依存するため、基本的には5G基地局と端末との間のデータ通信が高速になるだけだ。それがSAに移行すれば、例えば工作機械のリアルタイム遠隔制御など、5Gの超低遅延、多数同時接続などの特徴を生かした新サービスが実現できる。

本記事は「財新」の提供記事です

3大通信事業者は2020年上半期にSA構成向け5G基地局の大型入札をそろって実施し、SAネットワークを急ピッチで建設している。新規参入の中国広播電視網路は大幅に出遅れているが、もともと4Gネットワークを持たないため、NSAをスキップして直接SAを採用することを決めた。

(財新記者:屈慧)
※原文の配信は8月17日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT