8月15日を過ぎても戦争を続けた日本兵の末路

「帰りたくても帰れなかった」男性が語った理由

まだ、戦える――。その兵士たちの思いがほかの方向に向かわせる。折しも日本の敗戦で、宗主国のオランダが再び戻りつつあった。

「日本軍政下の統治が行われた3年半の間に、日本軍はインドネシアの若者を集めて軍事教練をして、義勇軍を作った。これを『ペタ』といった。各土地の優秀な若者を集めてな。これが日本が負けると解散になった。それで各地に帰って、オランダ軍を叩かないとならないとなった。つまり独立運動なんだ」

義勇軍を組織していたことが、インドネシア独自の独立運動を牽引していった。

「オランダ軍が入ってきたことが発火点になったんだな。『ムルデカ!』――“独立”という意味なんだけど、これが合い言葉になって、各地で通じるんだよ、そういえば」

すると、旧宗主国の再上陸に合わせて、今度は「ペタ」やインドネシア軍のほうから、日本兵を勧誘に来た。独立戦争を勝ち抜くための軍事指導が欲しい、一緒に戦ってほしいと言った。

この呼びかけに多くの日本兵が応え、独立戦争に参加していった。その数は1000人とも2000人ともされる。宮原もその1人だった。

宮原が信じ続けた「正義の戦争」

「もう帰るところがない。帰れない。それで部隊を飛び出した。残留という言葉はあてはまらない。そういう環境下に置かれたんだ。独立に賭けたんだ、明るくな!

インドネシアの独立が目的なんだから、独立しないと今度はオランダ軍に捕まって処刑される。敵が入ってきている台湾に帰っても処罰されるだけだろう。日本もアメリカに占領されて、どうなるかわからない。まして、部隊を離れては脱走兵だ。だから、もう、第2の人生をインドネシアの独立に賭けたんだ。言わば、賭けだ! 人生の!」

それは宮原自身が「正義の戦争」と信じた「植民地解放」を実践する道を歩むことと、いつしか重なっていた。

「のるか反るか、その1つだよ。そういう人生に生まれてきたんだ!」

こうして1949年12月までの戦争を戦い抜き、翌年インドネシアは公式に独立する。

次ページ戦後、彼はどう生きたのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT