8月15日を過ぎても戦争を続けた日本兵の末路

「帰りたくても帰れなかった」男性が語った理由

ただ、そうなると独立戦争に賭けた日本兵たちの役割も終わり、気がつくと居場所もなくなっていた。ある者はそこから日本へ帰国し、ある者は現地での新しい生活を始めた。

宮原は家族を持ち、日本向けの輸出で事業を立ち上げ、東京から進出してきた冷凍機メーカーと会社を設立したことが転機となって、財を成した。

だが、残留日本兵の誰しもが成功したわけではなかった。ある元日本兵が貧困長屋で孤独死したことをきっかけに、互助会組織をつくることになった。1979年のことだった。「インドネシア福祉友の会」といった。

当初は300人近い名前が名簿にあった。その事務をボランティアで取り仕切っていたのが宮原だった。ただ、私がジャカルタを訪れた15年前は、10人を割っていた。

「いま生き残ってるのは、インドネシア全体で、たった9名だけだ! あとはみんな死んだ!」

そう気丈に語っていた宮原も、もうこの世にはいない。私が一人ひとりに話を聞いた9人は戦後75年のいまは、もう誰も生きてはいなかった。(当時のインタビューは拙著『帰還せず 残留日本兵 六〇年目の証言』に詳しい)

宮原の生きざまは「貧乏くじ」だったのか

宮原には中国名もあった。清の時代に、移民で台湾に渡った8代目にあたる。しかし、宮原は「そのことはあまり言いたくない!」と強く首を振った。

「日本人なんだよ! 日本人として生まれてきたんだ! アイデンティティも日本人なんだよ!」

李登輝は生前、司馬遼太郎との会談で「台湾に生まれた悲哀」という言葉を語っていた。他方、宮原は私にこう語っていた。

「はっきり言ってしまえば、貧乏くじを引いたんだ。生まれたとき、日本人として生まれてきた。日本人として教育も受け、国民の義務として、戦いに出された。戦争に負けて、環境が変わった。帰れないからインドネシア軍に参加し、独立を勝ち取った。愛国の志士として、誇りをもっている。それだけのことだ」

だが、この日本人の南方の地での生きざまは「貧乏くじ」でも「悲哀」でもない。宮原だけでなく、戦後を戦い抜いた元日本兵たちの姿がなければ、いまのインドネシアもアジアもなかったはずだ。(一部敬称略)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT