8月15日を過ぎても戦争を続けた日本兵の末路

「帰りたくても帰れなかった」男性が語った理由

そして、怪訝そうな眼差しを送る私に言った。

「台湾の生まれだ」

それから間を置いて、こう続けた。

「蒋介石が入ってたんだ」

宮下が軍に入ったのは、1940年の日中戦争の真っ只中のことだった。それも志願して入隊している。

「当時は学生だったから、社会的経験もないだろ。染められてない、純粋だったんだなぁ! 出征軍人、婦人会から戦意一色でね。『八紘一宇』だ。当時は『大東亜共栄圏』『植民地解放』の2つを標榜してな……。当時の私はそれを聞いて、地図を見たんだ」

青年を駆り立てた理想と夢

わざわざ開いて見たのは、学校に置いてあったアジアを示した世界地図だった。

「地図の色が一色に染まってたんだ」

独立国だった日本と、それにタイを除いて、あとはアジア地域が同じ色で塗られていた。

「みんな白人の植民地。中国も半分は白人の植民地になっている。タイと日本以外は。それも、タイは両隣がもう植民地でね」

一色に染まった日本の世情と、アジアの地図が、日本の掲げる理想である“解放”と“共栄圏”の夢へと駆り立てていった。

「正義の戦争と信じてたんだ」

軍属として最初に中国本土に送られ、その翌年から太平洋戦争に入り、東南アジア各地を転々としながら、最後は少尉待遇の文官として、インドネシア・ジャワ島で終戦を迎える。

ところがインドネシアは、太平洋の島々を攻略・奪還して日本本土を目指すアメリカ軍の侵攻ルートから外れていた。そのため、本格的な戦闘もないまま、戦力が温存されていた。だから、敗戦が受け入れられなかったり、失意から自決する者も少なくなかった。

「ここは天国だった。連合軍はここへは来ない。空襲はない。攻撃もない。それでなんで戦争に負けたのか!?」

次ページ宮原が続けた「戦争」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT