リモートで「成長する人、停滞する人」4大分岐点 「変化や新たな価値」を"創造できるか"が勝負

印刷
A
A

最後の分岐点は、リモート時代だからこそ「現場」に身を置き、「異質の芽」を感じられるかどうかである。

【4】「現場」に身を置き、「異質の芽」を感じられるか

「レス」と逆行するようだが、コロナ後だからこそ「現場に出向くこと」が大事だ。日常的な仕事は、オンライン、リモートでサクサクとこなせばいいが、何か新たな「刺激」や「発想」を求めるのであれば、やはり現場に身を置くことはとても大切だ。

「変化の芽」は現場にある。現場に身を置くからこそ、五感が機能し、「未来の予兆」に気づき、成長することができる。

「レスの時代」だからといって、机にしがみついたままでは、「未来の予兆」は見えない。「デジタルの時代」だからこそ、「リアリズム」が大事になる。人と対面で会うからこそわかること、現場に身を置くからこそ見えることも多い

画像をクリックすると政治、経済、企業、教育、また個人はどう乗り切っていけばいいか、それぞれの「コロナ後」を追った記事の一覧にジャンプします

オンライン化やリモートワークの最大のリスクは、「つながっているつもり」「見えているつもり」「わかっているつもり」に陥ってしまうことである。いくら便利でも、やはり現場に行かなければ感じられないもの、人と対面で会わなければ見えてこないものは確実にある。

「『三現主義』(現地・現物・現実)などは時代遅れ」と切り捨ててはいけない。五感で感じるリアリズムは、デジタルで代替することはできない

「異質との融合」で創造性を高め、成長する

創造性を高め、成長するために本質的に大事なのは、「異質との融合」である。異質と異質が触れ合い、ぶつかり合うことによって、新たなアイデアや発想は生まれてくる。コロナ後においても、その本質は変わらない

それは「対面vs非対面」という方法論の話ではない。コロナ後だからこそ、「新たな出会い」を求め、世界を広げる努力が不可欠である。

「緩慢なる衰退」から抜け出し、「創造性」を高めて成長することができれば、コロナ後でも「生き残り、稼ぎ続けられる人」になれるはずだ。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT