「初の7月台風ゼロ」今後は警戒が必要な理由

今年8月以降は台風「上陸率」が高くなるおそれ

台風の発生数が平年より少なく、上陸数が平年より多いということは、発生した台風のうち日本に上陸する割合が高い、すなわち上陸率が高いということがいえます。

【図4:8月8日の海面水温平年差】出典:気象庁HP

また、海面水温は太平洋側を中心に平年より高くなっています。東日本と西日本付近の太平洋は平年より2℃前後高いです。特に、台風の通り道になりやすい東海沖、四国、沖縄の東、父島近海では、平年よりかなり高い海域が拡大しています。

【図5:8月8日の海面水温分布図】出典:気象庁HP

7月と打って変わって台風が発生・発達しやすい状況に

台風は海面水温が約27℃以上の海上で発生・発達しやすいという特徴があります。27℃前後(赤色)のエリアが東日本や西日本の海域に広がり、東日本と西日本付近の太平洋と沖縄の海域は30℃前後(ピンク色)になっています。

実際、台風4号は沖縄近海を北上中に発達しました。1日で中心気圧が約20hPaも低下し、強い台風の特徴である「眼」も出来ました。

7月とは打って変わって、台風が発生・発達しやすい状況なので、今後は警戒が必要でしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT