「初の7月台風ゼロ」今後は警戒が必要な理由 今年8月以降は台風「上陸率」が高くなるおそれ

拡大
縮小

台風の発生数が平年より少なく、上陸数が平年より多いということは、発生した台風のうち日本に上陸する割合が高い、すなわち上陸率が高いということがいえます。

【図4:8月8日の海面水温平年差】出典:気象庁HP

また、海面水温は太平洋側を中心に平年より高くなっています。東日本と西日本付近の太平洋は平年より2℃前後高いです。特に、台風の通り道になりやすい東海沖、四国、沖縄の東、父島近海では、平年よりかなり高い海域が拡大しています。

【図5:8月8日の海面水温分布図】出典:気象庁HP

7月と打って変わって台風が発生・発達しやすい状況に

台風は海面水温が約27℃以上の海上で発生・発達しやすいという特徴があります。27℃前後(赤色)のエリアが東日本や西日本の海域に広がり、東日本と西日本付近の太平洋と沖縄の海域は30℃前後(ピンク色)になっています。

実際、台風4号は沖縄近海を北上中に発達しました。1日で中心気圧が約20hPaも低下し、強い台風の特徴である「眼」も出来ました。

7月とは打って変わって、台風が発生・発達しやすい状況なので、今後は警戒が必要でしょう。

久保井 朝美 キャスター、気象予報士、防災士

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

くぼい あさみ / Asami Kuboi

愛知県岡崎市出身。9月20日(空の日)生まれ。NHK総合「サタデーウオッチ9」気象キャスター。父の影響でよく登山をしていて、天気に興味を持つ。農業の経験や番組で気象情報を担当したことから、気象と生活・経済との密接な関係を実感し、気象予報士の資格を取得。子どもからお年寄りまで分かりやすく、命を守る情報を伝えるため、テレビに出演、全国で講演を行なっている。趣味は、お城めぐり、アニメ。2021年「美人すぎるお天気キャスターランキング」1位に選出。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT