「初の7月台風ゼロ」今後は警戒が必要な理由

今年8月以降は台風「上陸率」が高くなるおそれ

【図1:台風5号の予想進路図】(出典:Weather Map)

なかなか梅雨が明けず、ずっと雨に見舞われていた今年7月は、もう1つの珍しい現象が見られました。それは台風が1つも発生しなかったことです。7月に台風が発生しなかったのは、台風の記録が残る1951年以降、初めてのことです。

7月発生ゼロ 8月発生ラッシュ

今年は1月から7月までに計2個の台風が発生しました。5月に1個、6月に1個です。1月から7月まで発生数の平年値は7.7個なので、今年はかなり少ないです。台風の記録が残る1951年以降では、2番目に少ない記録となっています。最も少ないのは、1998年の1個でした。

ただ、8月1日には2つの台風が発生し、台風4号は沖縄県の石垣島や宮古島などの先島諸島に接近した後、北朝鮮や韓国に大雨をもたらしました。

(外部配信先では図表やグラフ、写真などを全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

【図2:台風4号の経路図】(出典:Weather Map)

さらに、記事冒頭の図1でも示したように8月9日には沖縄の南で台風5号が発生しました。

台風5号は発生してからわずか半日で沖縄本島に最も接近し、10日に九州北部に接近しました。

そして、10日には台風6号が発生し、8月上旬だけで4個の台風が発生したのです。

次ページ台風が発生しなかったことと長梅雨には関係があった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT