「仕事は道場」であり、まず自分の家庭がある--『会社を踏み台にする生き方』を書いた吉越浩一郎氏(吉越事務所代表、元トリンプ社長)に聞く

「仕事は道場」であり、まず自分の家庭がある--『会社を踏み台にする生き方』を書いた吉越浩一郎氏(吉越事務所代表、元トリンプ社長)に聞く

60歳でビジネスの現場から退いて3年。ハッピーリタイアの典型に見える著者の著作活動に加速がつき、日本および日本人に対する「憂国論」は日増しに強まっている。

--フランスから帰られたばかりです。

社長を辞めてから、夏の2カ月半と年末年始1カ月の在仏を含め、1年のうち5カ月ぐらいは海外で過ごしている。

家内のふるさとは、フランスのコートダジュールにある香水で有名なグラース近郊。そこで多くの時間を過ごすが、その生活はとても豊かだ。どうも日本と厚みが違う。最近、日本の若い人は海外に行きたがらないようだが、不思議だ。生きている価値がないともいえる。楽しんだほうがいい。

--フランスは生活が豊か?

インターネットひとつまともに動かず、郵便局には行列ができる。電話してゴルフバッグを送ることもできない。が、どんな田舎に行っても、それなりの生活を優雅に過ごせる。たとえば冬場に行くとつくづく思うのが、日本流にいえば完全暖房。

どこの家も熱いお湯が循環できるようにつくられている。すぐに蛇口から熱湯が出るし、床暖房も万全。心から温まることができない日本の家とは大違いだ。南フランスといっても、東京よりはるかに寒いところだが、室内ではTシャツ一枚でいい。いつも室内はぽかぽかしているから、外に出て、そういえば寒い季節なんだと気づくほどだ。

--昨年は著書を6冊刊行、これからも目白押し。

誘われて、人がいいものだから、書くことになった。出版社がこういう主題でどうかと、いろいろ提案してくれる。平素思っていることを書いたので、自分の地が出る。

この本も、社長職にある友人の一人が新しい内容の形で面白いと言ってくれ、社員の主だった人に配ったという。もらった社員は、タイトルを見て考え込んでしまったかもしれない。何のためにと。読めば、自立できる人を求めているということはすぐわかるのだが。

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。