「仕事は道場」であり、まず自分の家庭がある--『会社を踏み台にする生き方』を書いた吉越浩一郎氏(吉越事務所代表、元トリンプ社長)に聞く


--海外で日本の影が薄くなっているとか。

シンガポールにも1人当たりGDPで負け出したというだけではない。海外にいて日本の話はほとんど出てこない。マンガとか、文化面では再評価されて、フランス人の中に日本に来たいという人は増えているが。ハイチ地震でも、ヨーロッパで話に出たのはアメリカ、ドイツ、フランス、それに中国の支援。日本は地震対応が遅すぎる。

日本は国として、企業でいえば、いまのJALとか日立製作所などのイメージに重なってくる。それも自分で治せればいいが、政治を含めて自己統治能力がなくなっているのではないか。

(聞き手:塚田紀史 =週刊東洋経済)

よしこし・こういちろう
1947年千葉県生まれ。ドイツ・ハイデルベルク大学留学後、上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業。極東ドイツ農産物振興会、メリタ、トリンプ・インターナショナル(香港)などを経て、92~2006年トリンプ・イン
ターナショナル・ジャパン社長。副社長時含め19年連続増収増益を達成。

『会社を踏み台にする生き方』
マガジンハウス 1500円


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT