いま世界で「歴史問題」が炎上している理由

植民地主義忘却の世界史とグローバル化の背景

それでも、少し冷静になって、こうした言説が飛び交う「時代の土台」を、時間的にも空間的にも、より大きな文脈の中で捉えれば、私たちの身の回りで起きている歴史修正主義の実態を、はっきりと見定めることができます。

つまり、「ホロコーストはなかった」「『慰安婦』は売春婦」「植民地支配は文明化と近代化の恩恵をもたらした」など、今日の歴史修正主義はみなローカライズされた装いで顕在化していますが、一皮むけば、戦争や植民地主義の過去を問い直す動きに反発しているだけなのです。

戦争や植民地主義が刻印した加害の事実を否認し、そうした史実そのものを「なかった」とうそぶく点では、日本であろうがどこであろうが、今日の歴史修正主義は、世界史的にはみな同一次元の現象です。

であるならば、今日の歴史修正主義は、畢竟(ひっきょう)するに加害責任否認論である。しかも、それは日本特有の問題ではない――これが、私が思いつく最も簡潔で汎用性のある、現代版歴史修正主義の定義です。

現代史の大きな流れの中で歴史問題を捉える

さて、私がここで述べてきたのは、歴史研究の基本から得られる見方でした。身の回りで起きている特定の現象の意味や性格を、より大きな歴史的文脈に位置づけて読み解く、世界史のリテラシーです。現代史の大きな流れの中で今日の歴史問題を捉えれば、焦点はつねに加害の歴史にあることが、実に明確な姿となって浮かび上がってきます。

そうした加害の歴史に、どう向き合うのか――。

少なくとも、そういう問題の所在をきちんと押さえておけば、思慮と分別を持ち合わせたふつうの“大人”――年齢や立場ではなく、社会的責任を担うと自覚のある人という意味で――たちが、歴史修正主義者が弄する詭弁に惑わされ、足をすくわれることはなかろうと思うのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT