小5で「心が壊れた」忘れられない教師の言葉

ワラにもすがる思いで助けを求めると…

誰も助けてくれず心が壊れた……さゆりさん(19歳)に不登校になった理由を書いていただきました(写真:不登校新聞)
一口に「不登校」と言っても、不登校になった理由や負った傷のかたちは人それぞれです。不登校経験者たちはどんなことに苦しみ、どんなきっかけで不登校になったのでしょうか。今回は、さゆりさん(19歳)の「不登校になった理由」を書いていただきました。

私の心の一生の傷

私が不登校になった理由は、5年生のときに同じクラスの男子から受けた、いじめです。バイ菌扱いされたり、給食のときに自分の机だけ離されたり……。言葉や態度によるいじめをずっと受けていました。

当記事は不登校新聞の提供記事です

いじめを受けながらも、しばらくはがんばって学校に通っていたのですが、しだいに私は「教室に入ったら、今度は何をされるんだろう」と恐怖心を抱くようになりました。

教室におびえる毎日に疲れ切った私は、ある日、ワラにもすがる思いでクラスでのことを相談室の先生に相談することにしました。

でも、先生は「そんなことに負けてどうするの? 逃げるの?」と言い、怖がる私を無理矢理、教室に連れて行こうとしました。

今ふり返ると、私をいじめていた人たちは外面のよい、いわゆる「よい生徒」だったし、私が身体的な暴力を受けていたわけでもなかったので、先生には小さな生徒どうしのトラブルに見えたのかもしれません。

でも、当時の私にとって、いじめは本当にツラいできごとで、先生に話したことも私なりの必死のSOSでした。

「誰も助けてくれないんだ。いじめられる自分なんか死んだほうがいいのかもしれないな」と、いじめに加え、まわりが自分のツラさを受けとめてくれなかったことが重なり、私の心はどんどん壊れていきました。

中学はいじめてきた同級生とはちがう学校に通ったのですが、結局、私は中学でもいじめのトラウマからクラスメイトに心を開くことができませんでした。

いじめられたことは、私の心の一生の傷になっています。19歳になった今でも、ときどき当時のことを鮮明に思い出し、フラッシュバックを起こしてしまうほどです。

不登校になって悪いことばかりではありませんでしたが、あのいじめがなければ、「私の人生は変わっていたのかもしれない」と思うと、複雑な気持ちです。(さゆり・19歳)

不登校の関連記事
子どもの体調不良と不登校の予兆は見た目が同じ。その見分け方は
教室へ入れず保健室に登校してた私が、保健室の先生になるまで
学校へ行かない小学生の娘がお金の使い方を学んだ方法
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT