コロナ2波で「株・ドル暴落、金暴騰」は起きるか

「バブル崩壊」や「金融危機」に過敏な人の論理

ということで、4~6月の主要国の経済情勢は悪いがそれは自明のことで、6月にかけて日米の景気が持ち直してきていることは株価支持材料だ。ただ、7月の景気が小休止となると、株価の上値は重いだろう。

筆者は前述のように、「4~6月の経済や企業収益が悪いから、株価はひとたまりもなく下がる」とは考えていない。だが、だからと言って「中央銀行が資金散布などに注力しているから、株価はバブル相場になる」とも思えない。

「米ドルの独歩安基調が続く」は本当か?

ここ数週間のセミナーの参加者の方や、テレビ・ラジオの視聴者の方から、やたらといっていいほど質問が多かったのは、金価格についてだった。金相場についてはほとんど見識がない。にもかかわらず当初は「金価格の上昇傾向がいつまで続くか」、といったど真ん中の質問をもらった。

それが、どういうわけか理由はわからないが、先週は「米ドルの基軸通貨としての地位が崩壊して、そのため金価格が暴騰すると考えるが、どうか」といった、「基軸通貨崩壊」の可能性を尋ねる質問が急激に増えた。ただ、基軸通貨というものは、わずか1週間や1カ月で崩壊するようなものではないだろう。

実際の米ドル円相場も、先週は一時1ドル=104円台に突入して耳目を集めた。だが、前週末の7月31日(金)は、対円でしれっと105円台後半に戻している(一時は106円台まであった)。米連銀の積極的な金融緩和などが米ドル安の要因だとされているようだが、現時点で積極的に金融緩和していない主要国はなく、相対評価で米ドルを大きく売り込む材料はみつかりにくい。先週の米ドルの下振れは、単なるポジションのドタバタであって、米ドルの独歩安基調が続くとも考えがたい。

「株式を買って買って買いまくって儲かりまくるのは、いつですか」「売って売って売りまくって儲かりまくるのは、いつでしょうか」というご質問もよくいただく。だが、今年2月から3月にかけての下落相場で後者は終わってしまったし、3月から6月の上昇相場で前者も終わってしまったと予想している。

もちろん、これは当面1年くらいの間の先行きに限ってだし、全体相場についてであって、個別銘柄では株価が大きく上や下に振れるものは多くありそうだ。ただ、向こうしばらくは、大きな全体相場の変動は、ほとんどないものと見込んでいる。

まあ、投資は、ぼちぼちのんびりやっていけばよいのではないだろうか。幸いなことに、しばらくは、バブルの発生もバブルの崩壊も基軸通貨の崩壊も黄金の経済も大恐慌も大暴騰も大暴落も金融システム崩壊も、来ないと考えている。「そんな見通しはつまらないですね」ともよく言われるが、現実はしばしばつまらないものだ。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT