欧州サッカー「大物が動かぬ移籍市場」の裏事情

日本人CEOが明かすコロナ禍による環境激変

「こちらで3年仕事をして、日本代表の強化をどうすべきか、Jリーグはどうしたらいいのかがボンヤリと見えてきました。日本人の“限界値”も肌で感じています。日本の育成システムは間違っていないけれど、最高峰クラブで活躍するには判断やスピードだけでは難しい。怪物のような身体能力や身体のサイズを備えていることがどうしても必要なんです。1月にリバプールに移籍した南野拓実が苦労しているのも、そこだと思います。

とりわけ、ゴールキーパーと9番(センターフォワード)はその傾向が強い。近年の日本は外国人の血を持つ選手が増えていますが、それも解決策の1つでしょう。逆に、『意外にやれるな』という伊東純也(ゲンク)のような選手を間近で見る機会に恵まれたのも大きかった。爆発的スピードを誇る彼の評価はベルギー国内でも抜群で、ステップアップする可能性もあると思います。

一方で、高年俸のベテラン選手は厳しいですね。コロナ禍でリストラを考えるクラブは多いですし、実際に『(移籍金が発生しないよう)フリーにするから出ていってくれ』と放出する例をベルギーでもいくつか見ました。

どこも収入のメドが立たない分、『まず先に選手を売ってから意中の新戦力を買う』という動きになってくる。われわれもそうせざるをえません。身の丈に合った経営を心がけながら、流動的な今季を乗りきっていければと考えています」(立石CEO)

新型コロナウイルスという目に見えない敵と戦いながら、クラブ経営の健全化を図りつつ、欧州移籍市場の流れを的確にキャッチしていくというのは大変な作業だ。それを一手に引き受ける日本人CEOのアプローチは非常に興味深い。8月9日のアンデルレヒト戦からスタートする予定の新シーズンの動向を、まずはしっかりと注視していきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT