コロナが原因で終わった婚活カップルの「事情」

「不要不急の外出」についての考え方の違い

そこで、私はこうアドバイスした。

「婚活の出会いは、会わなくなると関係が終わってしまいがちになるけれど、コロナが蔓延している今は、会えないことにもちゃんとした理由がある。誰もが経験したことのない異例の事態なのだから、会えないから関係が終わるという、これまでの通例は当てはまらない気がするの。会えるようになるまでは、LINEや電話でコミュニケーションを取っていきましょうよ」

この時点でコロナがいつ収束するか、その見通しはまったく立っていなかったが、4月に入ると緊急事態宣言が出され、さらに身動きが取れない状況になった。

コロナをどう捉えるかで、カップルの明暗は分かれる

婚活で出会い付き合っていたカップルは、緊急事態宣言期間中に明暗を大きく分けたように思う。それは、“コロナとどう向き合うか”の考え方にかかっていた。

婚活は一生の伴侶を探すこと。デートは不要不急の外出ではないと考えていたカップルは、どちらかが運転する車で郊外にドライブに出かけたり、広い公園に行ったり、ウイルスに感染しないような方法を見つけ、会う時間を作り出していた。

ところが、どちらか1人がコロナに敏感で、“たとえ3密を避けたとしても、ソーシャルディスタンスを守ったとしても、外に行けば感染のリスクがある”と思っていると、一方が会いたいと思っていても、そのカップルは会うことができなくなってしまう。

朋美は、コロナにとても敏感だった。会社に行くことにもストレスを感じていたし、感染リスクをおかしてまでデートをしたいとは思っていなかった。

俊哉は朋美と会えなくなったことが寂しかったが、毎日LINEをし、時には電話で話すことで、なんとか関係をつないでいこうと頑張っていた。

そして、5月に入り、また私に面談の申し出をしてきた。

ゴールデンウィークに事務所にやってきた俊哉が言った。

「もう朋美さんと会えなくなって2カ月になります。緊急事態宣言はいつ明けるんですかね。ただ彼女がこんなにもコロナに敏感だと、緊急事態宣言が明けても、すぐには会えないような気がします」

すっかり肩を落としていた。

次ページ再会できたのは4カ月後だった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT