「カウンタック」誕生の裏にいた若き天才の存在

フェルッチョが絶大な信頼を寄せた人物とは

彼とスタンツァーニはさほど変わらない年齢だったし、フェラーリ、マセラティという当地の重要なメーカーで、より実践的な経験を積んでいたのだから。その答えはこういうことだ。

フェルッチョが求めていたのは、単なるエンジニアとしての才能ではなかった。つまり、マーケッターでありセールスマンでもあって、広くランボルギーニのブランドについて考えることのできる才能だったのだ。

カウンタックの設計に勤しむスタンツァーニ(写真:パオロ・スタンツァーニ・アーカイブ)

スポーツカーの聖地たるモデナ地区では、経験を積んだ有能なエンジニアはごろごろしていた。新しいプロジェクトを開始すると言えば、凄腕は自然に集まってくる。しかし、ランボルギーニをランボルギーニたらしめるには、「何が必要であるか」というブランディングを理解し、顧客の好みを反映させたモノ作りができなければならない。

それができるのは、スタンツァーニ以外にはいないとフェルッチョは見抜いた。それに、ダラーラの心がレースの世界から離れられないことも……。

「ウラッコ」そして「カウンタック」の開発へ

スタンツァーニは早速、2つの進むべき方向性を決定した。

1つは、厳しくなっていく安全規制や排ガス対策などへの対応を考え、販売数量を確保できるモデルの開発だ。それはランボルギーニのDNAを持ちながらも比較的安価で、ポルシェ「911」のコンペティターとなるようなモデルであった。今までのランボルギーニのラインナップになかった新しいセグメントのスポーツカー、「ウラッコ」のプロジェクトがスタートしたのだ。

「ウラッコ」はV8エンジンを搭載した4人乗りモデル(写真:ランボルギーニ)

もう1つはミウラの後継であり、ランボルギーニDNAのショーケースたるフラッグシップモデルだ。彼はミウラにおける経験から、スーパーカーオーナーのマインドをよく理解していた。スポーツカーとしての基本性能も重要であるが、それよりも重要なのはそのクルマの持つ独特の個性であり、それが自分のためだけにあるというエクスクルーシブさであった。

ランボルギーニのDNAであるV12エンジンを搭載し、ミッドマウント・レイアウトを採用することは言うまでもないが、スタイリングも、ユニークで皆に驚きを与えるものでなければならない。そこで、ミウラに続いて未来的かつ、アグレッシブなテイストを持ったカロッツェリア・ベルトーネにデザインを委託することを決めた。ここに「カウンタック・プロジェクト」が誕生した。

次ページカウンタックのユニークなメカニズム
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT