「カウンタック」誕生の裏にいた若き天才の存在

フェルッチョが絶大な信頼を寄せた人物とは

スタンツァーニはエンジニアリングだけでなく、マーケティングに関しても明確なポリシーを持っていた。それは「人と同じコトはやりたくない」「常にイノベーティブでありたい」という強いこだわりだ。そして、彼のこだわりが、そのままランボルギーニのフィロソフィーそのものとなり、カウンタックが誕生したのだと考える。

スタンツァーニが20代でCEOに任命された理由

ミウラの登場はランボルギーニのブランド認知を高めたし、世界中からオーダーが殺到した。しかし、ランボルギーニの自動車事業は、相変わらず厳しい経営状況におかれていた。草創期の若いメーカーとして、多大な投資を続けなければならなかったし、激化する労働運動による生産性の低下も悩みの種であった。経営というスタンスで見るなら、ランボルギーニの自動車事業の将来は決して明るくなかった。

そんな1967年ある日のこと、ランボルギーニの将来を決定する重要な会議が行われた。拙著『フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ 伝説を生み出すブランディング』(KADOKAWA)より引用してみよう。

1967年にスタンツァーニは数名のランボルギーニ社の役員と共にフェルッチョの自宅へと呼ばれる。「それも深夜の0時を廻るというとんでもない時間だった。フェルッチョは部屋に入って来るなり唐突にこう言った。
〝ランボルギーニの自動車部門を閉じようと思う〞と。皆は大いに動揺して、必死に思いとどまるように言ったさ。耐え難い沈黙が続き、次にフェルッチョの口から出てきた言葉を聞いて私は、再び心臓が止まるかと思う程驚いた。何と〝オマエ(注:スタンツァーニ)に経営のすべてを任せる。そうでなければ事業は畳む。それが結論だ〞と言うじゃないか!」
フェルッチョは客観的に自らの資質を判断し、これからの自動車事業はやる気や経営者のカリスマだけでは運営できないことを理解していたし、技術に明るくバランス感覚に優れた次世代にバトンタッチしなければ会社の存続は不可能だと結論付けていたのだ。
まだ20代後半のスタンツァーニを社内の多数の先輩達を差し置いてCEOに任命するというリスクを取ったことはフツウではないし、起業して、たかだか5年にもならない新規事業をすぐに閉じようという判断もフツウではない。しかし、戦後の動乱期においてフェルッチョが経験した企業の寿命は、はかないものであって、誰よりも早くその方向性をダイナミックに修正できる者がウィナーとなるという理論をブレずに実行した訳だ。

結局、スタンツァーニはそのオファーを受けた。若きCEOの誕生である。しかし、ここでなぜ今までチーフエンジニアであったジャンパオロ・ダラーラが選ばれなかったかと、不思議に思わないだろうか。

次ページなぜ、スタンツァーニが選ばれたのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT