「カウンタック」誕生の裏にいた若き天才の存在

フェルッチョが絶大な信頼を寄せた人物とは

カウンタックのエンジニアリング開発は、ミウラの欠点をつぶしていくことから始まった。ミウラがたった5年で生産中止になった理由でも述べたように、横置きレイアウトによる根本的な欠点を解決するため、新たに縦置きレイアウトを採用した。

しかし、縦置きレイアウトはホイールベースが長くなってしまう欠点を持つ。そこでスタンツァーニは、通常とは180度向きを変えてエンジンをレイアウトし、トランスミッションをフロントに置いた。さらにできるだけトランスミッションを客室内に食い込ませることで、エンジンなどの重量物を前方へと追い込んだ。

ユニークなレイアウトであることがわかる「カウンタック」の透視図(写真:パオロ・スタンツァーニ・アーカイブ)

その結果、ホイールベースは横置きのミウラより短い2450mmを達成した。まさに画期的なアイデアである。また、このレイアウトの採用により、トランスミッションからダイレクトにシフト操作を行うことが可能となり、ミウラで悩まされた曖昧なシフト・フィーリングも解決された。

今までフロントに設置され、リアのエンジンから長いホースで繋がれていたラジエーターは、エンジンルーム内へと移動された。小型なラジエーターを左右に1つずつ配置することにより、重量バランスも改善され、室内が灼熱地獄になるミウラの問題点も解決された。

それだけではない。大型のラジエーターが車体前部からなくなることで、フロントエンドのデザインが自由になるという大きなメリットを享受できたし、フロントオーバーハングのマス軽減にも寄与した。これはスポーツカーとして重要な、シャープかつニュートラルなハンドリングの達成のためにたいへん重要なファクターであった。

スタイリングはガンディーニに依頼

カウンタックは、その幅広く低い(全幅1890mm/全高1070mm)プロポーションから、写真では大きなクルマであるかのように感じるが、実際はかなりコンパクトだ。

幅広く低い「カウンタック」のスタイリング(写真:ランボルギーニ)

まだ衝突安全性に関して厳格ではなかった時代だからできたパッケージである。効率よくまとめられたメカニカルコンポーネンツに沿った、無駄のないボディ形状を持っているのだ。

スタイリングを担当したのは、カロッツェリア・ベルトーネのチーフデザイナーであったマルチェッロ・ガンディーニであった。ミウラの開発で彼と意気投合したスタンツァーニは、迷うことなくガンディーニを指名した。その開発においては、ミウラのときとは異なり、2人は直接向かい合って細部までを決め込んだとスタンツァーニは語る。

次ページカウンタックのデザインに「ギミック」はない
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT