ワクチン情報ハッキングが蔓延する深刻事情

コロナの治療法に関する研究データの窃取も

こうしたサイバー攻撃の被害を減らすには、OSやソフトウェアを最新の状態に保ち、脆弱性を突かれたサイバー攻撃を防ぐなど、早急に基本的なサイバーセキュリティ対策を取ると同時に、万が一被害が出た場合の対応計画を練っておかなければならない。

被害を最小化するために日頃から注意を

なりすましメールの被害を防止するには、前述したメールのフィルタリング・スキャンが必要だ。コロナ禍においては、Web会議やSlackなどクラウド上のシステムも多用することから、そうしたITシステムにおいてもサイバー攻撃の兆候の監視と対応が大切となる。

また、ログイン情報を盗んでさらなる情報にアクセスしようとするサイバー攻撃の被害を防ぐには、2段階認証が有効だ。本人確認のため、ログインしようとするたびに、登録したメールアドレスや携帯番号にセキュリティコードが送られ、入力が求められる。

サイバーセキュリティ対策の要諦は、堀や城壁、見張りを組み合わせた城砦のような「多層防御」だ。敵の侵入を防ぎ、もし入り込まれてもすぐに見つけられるようにする。そして、情報を盗まれる、妨害活動をされるなどの被害がたとえ発生しても、すぐに検知し、被害の最小化を図らなければならない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT