『アナと雪の女王』はなぜ面白いのか ディズニーアニメを率いるジョン・ラセターの力

印刷
A
A

もっとも、買収にともなう一連の人事では、ラセターが、ピクサーのみならず、ディズニーのアニメーション部門のチーフ・クリエイティブ・オフィサーにも就任した。このことからも分かるように、この買収の直接的な目的は、ラセターの手腕を活かすことにより、ディズニーのCGアニメをテコ入れし復活させることにあったことは間違いない。

ラセターは、ディズニーにもピクサー流の制作手法を持ちこんだ。ピクサー流とはどのようなものか。それは、CGの技術、コンピュータの扱い方といった小手先のことではない。ラセターは「自分はストーリーテラーである」と言い切るほど、自分のストーリー構築能力に自信を持っている。だが、ラセターのすごいところは、自分のアイデアに凝り固まることなく、仲間の意見を取り入れて、もともとのアイデアをどんどん変えてしまうことだ。

スタッフとの共同作業を重視

『アナと雪の女王』のクリス・バック監督(左)とジェニファー・リー監督=2014年1月29日撮影  写真:まんたんウェブ/アフロ

2009年、ディズニーによるピクサー買収後、初の長編CGアニメ映画となった『ボルト』の公開時、ラセターは本誌の取材に対し、こう語っている。

「参加するスタッフに情報はすべて与えるが、それをどう表現するかまでは説明しない。彼らは自分のクリエイティブな面を発揮して僕がやるのとはたぶん違うことをしてくる。それが逆にインスピレーションになって、さらによいアイデアが生まれるのだ」――。

ピクサーのアニメは、ラセターの監督作品も、プロデューサーとしてかかわった作品も、どちらも抜群におもしろい。どちらにしても、スタッフとの共同作業を重視しているからだろう。

『アナと雪の女王』にしても、多くのスタッフが議論を重ねた末、当初案とはまったく異なる形で完成した。劇中歌「Let It Go」を聴いたスタッフたちは、その曲のすばらしさに魅了され、当初は悪役的な存在だった姉のエルサを、もう一人の主人公に変えてしまった。クラシックな雰囲気を持ちながら、極めて現代的なストーリーになっているのもおそらくは、スタッフ間でそうとうな議論が重ねられた末の結果に違いない。

CGアニメとして見事な仕上がりとなった『アナと雪の女王』は、ピクサーで歴代最高興行成績をあげた『トイ・ストーリー3』(10.6億ドル)を上回った。こうなると次の課題は、逆にピクサーがディズニーの『アナと雪の女王』を超える作品を生み出せるかどうか、ということだ。

ラセターの元で、ディズニーとピクサーのスタッフが最高の映画づくりを目指して高いレベルで切磋琢磨することになった。その結果、次はどのような作品が現れるのか。世界中の映画ファンにとって、楽しみな時代を迎えたといえるだろう。=敬称略=

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT