資生堂が1800億円で買収、米ベアエッセンシャルの実力

資生堂が1800億円で買収、米ベアエッセンシャルの実力

資生堂はサンフランシスコの化粧品会社ベアエッセンシャル社を19億ドル(約1800億円、100%の株式取得の17億ドルと債務の継承2億ドル)で買収し、連結子会社化すると発表した。

資生堂の2009年3月期の売上高は6900億円、売り上げの実に25%をも投じる大型買収だ。しかも、株式交換による買収ではなく、手元資金300億円とブリッジローンによる銀行借り入れ1500億円を投じるという。すでに世界70カ国以上に販売網を持つ資生堂はなぜ、ベアエッセンシャルを買ったのか。ベアエッセンシャルとはどんな会社なのか。

サンフランシスコ中心街のミッションストリートのJPモルガンチェースビル側、71スティヴェンソンストリートにベアエッセンシャルの本社がある。1976年にSTBビューティという社名で設立され、ナチュラル化粧品としてファンデーションのベア・ミネラルズ(bareMinerals)、 リップグロスのボクサム(Buxom)などのブランドを持つ。

2000年代に入り急成長、06年にベアエッセンシャルに社名変更し、同年9月29日にはナスダックに上場している。CEOのレズリー・ブロジェットで、94年からベアエッセンシャル社にかかわっている。

販売方法は直営のブティック店、セフォラ、ウルトラなどの化粧品小売店、デパート、ネット販売、そしてブロジェット自身が出演し売り込むQVCの24時間テレビショッピングなどだ。実際に販売現場を訪れてみた。

シリコンバレー南部、サンノゼ市の住宅街にあるショッピングセンター、オークリッジ・モール。その中にベアエッセンシャルの直営ブティックがある。26歳のジェシカは新製品のファンデーション、ベア・ミネラルのマットを28ドルで買ったばかり。「ユーチューブで、マットを知ったの。ファンデが脂を吸収してくれるので、脂性の私にはピッタリ」と嬉しそう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT