資生堂が1800億円で買収、米ベアエッセンシャルの実力

資生堂が1800億円で買収、米ベアエッセンシャルの実力

資生堂はサンフランシスコの化粧品会社ベアエッセンシャル社を19億ドル(約1800億円、100%の株式取得の17億ドルと債務の継承2億ドル)で買収し、連結子会社化すると発表した。

資生堂の2009年3月期の売上高は6900億円、売り上げの実に25%をも投じる大型買収だ。しかも、株式交換による買収ではなく、手元資金300億円とブリッジローンによる銀行借り入れ1500億円を投じるという。すでに世界70カ国以上に販売網を持つ資生堂はなぜ、ベアエッセンシャルを買ったのか。ベアエッセンシャルとはどんな会社なのか。

サンフランシスコ中心街のミッションストリートのJPモルガンチェースビル側、71スティヴェンソンストリートにベアエッセンシャルの本社がある。1976年にSTBビューティという社名で設立され、ナチュラル化粧品としてファンデーションのベア・ミネラルズ(bareMinerals)、 リップグロスのボクサム(Buxom)などのブランドを持つ。

2000年代に入り急成長、06年にベアエッセンシャルに社名変更し、同年9月29日にはナスダックに上場している。CEOのレズリー・ブロジェットで、94年からベアエッセンシャル社にかかわっている。

販売方法は直営のブティック店、セフォラ、ウルトラなどの化粧品小売店、デパート、ネット販売、そしてブロジェット自身が出演し売り込むQVCの24時間テレビショッピングなどだ。実際に販売現場を訪れてみた。

シリコンバレー南部、サンノゼ市の住宅街にあるショッピングセンター、オークリッジ・モール。その中にベアエッセンシャルの直営ブティックがある。26歳のジェシカは新製品のファンデーション、ベア・ミネラルのマットを28ドルで買ったばかり。「ユーチューブで、マットを知ったの。ファンデが脂を吸収してくれるので、脂性の私にはピッタリ」と嬉しそう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。