「飽きられる文章」と「読まれる文章」決定的な差

人がお金を払う文章はいったい何が違うのか

「飽きられる文章」と「読まれる文章」、いったい何が違うのでしょうか?(写真:apichon_tee/iStock)
なぜだかわからないがグイグイ引き込まれていく本がある一方で、数ページ読んだら離脱してしまう本があります。この違いはどこにあるのでしょうか。プロの書き手ではない私たちが「おもしろい」と思われるような文章を書くには。
本稿では、『メモの魔術』などのヒット作編集を手掛けた、ビジネス書の編集者の竹村俊助氏が、「おもしろいと思われる文章」のつくり方について解説します(本稿は、『書くのがしんどい』より抜粋・編集を加えたものです)。

おもしろい文章は「共感8割、発見2割」

「おもしろいな」と思う文章には、何かしら新しい情報が入っています。ただ、「なるほど!」「へえ!」がずっと続くような文章は疲れてしまうのです。

例えば、こんな文章があるとします。

パプアニューギニアは南太平洋にあるニューギニア島の東半分および周辺の島々からなる立憲君主制国家です。東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別オブザーバーですが、地理的にはオセアニアに属します。オーストラリアの北、ソロモン諸島の西、インドネシアの東、ミクロネシア連邦の南に位置します。

これは「パプアニューギニア」を説明したウィキペディアの文章に少し手を入れたものです。地理に詳しくない人にとっては「新しい情報」だらけ。でもこの文章を「ほうほう、おもしろい」とはなかなか思えません。バンバン固有名詞が出てきてついていけないのです。

では、こんな文章はどうでしょうか?

「パプアニューギニア」って聞いたことありますよね? どこにあるかわかりますか?
地図で言えば、オーストラリアの上にあります。
30代後半以上の人であれば『南国少年パプワくん』を思い出す人もいるかもしれません。「南国の、ほのぼのとした国」というイメージを持つ人も多いでしょう。
でも実はこの国、第二次世界大戦前までは「パプア」と「ニューギニア」という2つの地域に分かれていました。戦時中は日本軍と連合国軍がこの土地で争い、約21万人もの兵士が戦死。大戦後に2つの領土が統合されて「パプアニューギニア」と呼ばれるようになったのです。

こちらのほうが、おもしろいのではないでしょうか。何が言いたいのかというと、おもしろいと思う文章の8割くらいは、決して新しい情報ではないということです。

次ページ「共感」で引っぱり「発見」につなげる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT