健康で元気なときこそ「死」について語らう理由

「このあと どうしちゃおう」で3世代で学ぶ

「死」について絵本で学び、話し合いました(写真:Domani)
「死」について考えさせてくれる絵本『このあと どうしちゃおう』について紹介します。

絵本から学ぶ「死」のその先

祖父が亡くなってこの秋で2年。家族に手を握られながら91歳の生涯を閉じたおじいちゃんは、私からみればとても幸せな人生だったと思うのですが、「介護の終わり」とはそんな単純なものではないらしく、母は今でも、あのときああすればよかった、こうしたらよかったと、後悔や自問を繰り返しては泣いています。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

そんな母を見たわが家の7歳と5歳が本屋で選んできたのがこの本。「ばぁばに読んであげようよ!」と言うのです。

亡くなったおじいちゃんの部屋のベッドの下にあったノート

主人公が見つけた「このあと どうしちゃおう」と書かれたノートには、おじいちゃんの絵と文字で「自分が将来死んだらどうなりたいか、どうして欲しいか」がいっぱい書いてありました。例えば……と、想像豊かでクスっと笑ってしまうような天国の描写が続きます。

「このあと どうしちゃおう」ヨシタケシンスケ(ブロンズ新社)(写真:Domani)

『このあと どうしちゃおう』は死がテーマ

作者のヨシタケシンスケさんは、母親を長患いの病気で亡くし、父親を急病で失ったのだそう。突然の死では勿論、ゆっくり訪れる死を前にしても、家族同士で死について語ることは難しく、結果、恐怖を分かち合うことや、心配をかけ合うことが出来なかった後悔があるといいます。

「健康で元気な時にもっとカジュアルに死について話が出来ていたらよかった」

確かに。もし祖父に「おじいちゃんはラーメンが好きだから、死んだらラーメンをお供えしてね」と言われていたら、今日もラーメンをお供えし、祖父の生前の願いを叶え続けることで、未だ悲しみの中にある母を救うことにもなったかもしれないと感じます。

次ページ死について語るのは、縁起でもないことなのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT