ひろゆき「コロナ時代も経験ゼロから挑戦しろ」

バナヤン「大事な3つだけで開くサードドア」

ひろゆき:緊急時だからこそやるべきことを絞ったと。お父さんの闘病時の経験が役立っているね。

アレックス・バナヤン/作家、スピーカー。1992年8月10日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。大学1年生の期末試験の前日、アメリカの有名なテレビ番組『プライス・イズ・ライト』に出場し、世界で屈指の成功者たちから「自分らしい人生の始め方」を学ぼうと旅に出る。19歳のとき、シリコンバレー史上最年少のベンチャーキャピタルとなる。また、アメリカの大手出版社クラウン・ブリッシャーズ史上、同社と契約した最年少の作家となる。『フォーブス』誌「30歳未満の最も優れた30人」、『ビジネス・インサイダー』誌「30歳未満の最もパワフルな人物」に選出(撮影:梅谷秀司)

アレックス:本当にそう。僕はもともとマルチタスクがすごく苦手だし、今みたいな事態で変化が求められる状況では、なおのこと、生き抜くために必要な3つの事柄をあぶり出し、その3つだけに全神経を集中してそれをやり抜くことが大切だなって。

ひろゆき:アレックスは、僕よりもダイレクトにコロナ危機の影響を受けてきたんだね。

アレックス:僕はいろんな人を追っかけ回して、レクチャーするために世界を飛び回ってきた。つまり人と直接会うスタイルの仕事だったから……。ひろゆきのほうがデジタルでバーチャルに仕事ができていて、この事態に対応する準備が万端だったってこと。僕よりも格段に賢いんだよ。

ひろゆき:賢いかどうかはさておき、デジタル、バーチャルで仕事というのは確かにそうかも。僕も日本に住んでいたら、君みたいなスタイルで仕事をしていたと思う。でも別の国に住むって決めて実行したことで、状況が一変したんだ。

ラップトップとネット環境があれば仕事ができる。人に会う必要もない。4年前にそういった環境を自ら作り出した。だから今回も、さほど影響を受けていないんだろうな。

数千人向けの公演もバーチャルに移行

アレックス:僕の仕事の大半はパブリックスピーキング。つまり、現地に赴いて大勢の人に向けて話し、『サードドア』のメッセージをシェアすること。

でも今回のことで、実際に訪問するスタイルから、バーチャルに移行したんだ。移行に1カ月ほどかかったけれど、つい最近も2000~3000人規模のバーチャルな講演を立て続けにしたばかり。

コロナ禍の今、企業の従業員にサードドア的な考え方を持ってもらうためのヒントになるような話をさせてもらっている。

次ページリアルとバーチャルで変わる話術
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT