小池氏、「都知事選完勝」でも視界不良の事情

消え失せる「小池熱」、都議会運営に難題も

7月5日夜、都知事選で当選確実となり、インタビューに答える小池百合子都知事(写真:時事)

コロナ禍の中での首都決戦となった東京都知事選は、事前の予想通り現職の小池百合子知事(67)が歴代2位の約366万票を獲得し、再選を決めた。7月5日夜、小池氏は「バンザイはしない」と神妙さをみせながら、「4年間の東京大改革が支持された」と満面の笑みで胸を張った。

足の引っ張り合いで小池氏の完勝を許した野党各党は、それぞれが敗戦の弁を語った。立憲民主など3野党の統一候補として大差の2位となった宇都宮健児元日弁連会長(73)の得票は過去2度の挑戦時を下回った。国政選挙並みの態勢で支援した立憲民主も「力が及ばなかった」(長妻昭選対委員長)と肩を落とした。

366万票に「勝って当たり前」の声

れいわ新選組単独公認で参戦して3位の山本太郎代表(45)は、7年前の参院選東京選挙区での自らの得票にわずかに届かなかった。山本氏は「百合子山は強く、高かった」と完敗を認める一方、「勝てない統一候補には意味がない」と開き直った。

日本維新の会推薦の小野泰輔元熊本県副知事(46)は、山本氏と僅差の4位となったが、「まったく無名の私だったが、ここまで戦えた」と胸を張った。ただ、大阪を主戦場とする維新にとって、「東京の壁の高さを痛感させられた結果」(維新幹部)でもある。

奇抜な選挙戦術を展開したNHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)の得票は泡沫候補並みで、国政政党としての存在感喪失に立花氏も「人気を失った」と自嘲気味に語った。

今回の都知事選は小池氏の任期満了に伴うもので、小池氏ら主要候補のほか、過去最多の22人が立候補した。開票の結果、小池氏の得票は366万1371票で2012年知事選の猪瀬直樹氏の433万8936票に次ぐ歴代2位。ただ、自民党が独自候補を見送り、野党も本格的共闘態勢を組めなっただけに、「勝って当たり前で、本来なら400万票を超えてもおかしくなかった」(自民幹部)との冷めた声も多い。

次ページ告示時点で決まっていた「当選」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT